Google Cloud Kubernetes Day

【東京、1月30日】Google Cloud Anthos Day

12月16日にGoogle Cloud Kubernetes Day からGoogle Cloud Anthos Day に名称を変更され、スピーカーやスケジュール 等のイベント詳細が公表されました。


Google Cloud Anthos Day 概要

Google Cloud Kubernetes Day
  • イベント名:Google Cloud Anthos Day 〜 Kubernetseを使った最新の開発アプローチを学ぶ 〜
  • テーマ:マイクロサービス、DevOps、コンテナの利用やクラウドネイティブなアプリケーションの先進事例について学ぶ
  • 公式ページURL:https://inthecloud.withgoogle.com/anthos-day-2001/register.html
  • イベント種別:エンジニア向けイベント
  • 開催日:2020年 1月 30日
  • Twitter ハッシュタグ:#gc_anthosday

Google Cloud Anthos Day とは

Google Cloud Japan は「Google Cloud Anthos Day(「Google Cloud Kubernetes Day」は、「Google Cloud Anthos Day」に名称を変更いたしました)」を開催いたします。 開発エンジニア、インフラエンジニア、運用エンジニア向けにマイクロサービス、DevOps、コンテナの利用やクラウドネイティブなアプリケーションの先進事例などを提供するイベントです。
実際に Kubernetes 環境でアプリやサービスの開発を実践されている先進的な企業を迎え、それぞれのアプリケーションのモダナイゼーションや、Kubernetes の事例についてお話しいただきます。
また、深い専門知識をもつ Google Cloud のエンジニアが、Google Kubernetes Engine (GKE) やAnthos をはじめとした Google Cloud Platform を利用し、どのようにアプリやサービスのコンテナ化を行うのか、開発、運用の実際について解説します。

Google Cloud Anthos Day から引用

開催日時

2020年 1月 30日(木) 13:00 〜 18:50 PM

開催場所

申し込み/参加費

申し込み締め切りは2020年 1月 21日(火)まで。
イベントの申込みは、公式ページからお申し込みください。

無料(事前登録制)

参加人数は700名。

※定員になり次第締め切り
※競合他社様、パートナー企業様、報道関係者、学生の方のご参加は不可。
※お申し込み多数の場合は抽選。
※参加いただける方には、後日、ご登録されたメールアドレスに参加のご案内。

早期申込特典

早期登録された 200 名に「 Anthos または Kubernetes T シャツ」をプレゼント。

※ご登録者様先着 200 名様のうち、 当日へご来場いただけた方へ受付。

対象者

開発エンジニア、インフラエンジニア、運用エンジニア

スケジュール

各セッション名にYouTube 動画のリンクを設定しています。

Track 1

Track 2

Expo

  • 相談コーナー
    • Google Cloud 社員による相談コーナーを設けております。GKE や Anthos だけでなく Cloud 製品や GCP に関する疑問やご質問にお答えいたします。
  • 出展ブースコーナー
    • NTT Communications
    • Elasticsearch 株式会社
    • クリエーションライン株式会社
    • ネットアップ合同会社
    • パロアルトネットワークス株式会社
    • ヴイエムウェア株式会社

まとめ

Google Cloud Anthos Day は、Google Cloud Kubernetes Day というイベント名称でしたがスピーカーやセションの情報公開時に変更になりました。
セッション情報を見る限りではイベント名称が変更になっただけで、イベントの目的「マイクロサービス、DevOps、コンテナの利用やクラウドネイティブなアプリケーションの先進事例について学ぶ」はそのままです。

大きく変わって点は、セッションが拡張され、Truck 2 が追加されたことです。
同時間で行われるため、どちらかのTruck しか行くことができないので、同僚の方と分けて参加されるのがいいと思います。
今までの傾向だと、後ほどYouTube で動画投稿される可能性はない気がします。

肝心なセッションについては、ホットな内容だと思います。

Truck 2 のマルチクラスタでGKEを最大限活用するドラゴンクエストウォーク事例は、タイトル通りに2019年9月12日 に正式リリースした「ドラゴンクエストウォーク」の事例です。
11月28日開催 第 9 回 Google Cloud INSIDE Games & Apps1月21日開催 GKE & Cloud Spanner 勉強会【基礎編】 でドラゴンクエストウォーク事例 のセッションがあるほどGoogle としてもKubernetse 活用事例として広げていきたいみたいですね。またGoogle Cloud Platform 活用事例「ドラゴンクエストウォークを支える GKE と Cloud Spanner」にGCP 採用の背景やGKE 導入について詳しく語られています。

「ドラゴンクエストウォーク × Google Cloud Platform」で参考になりそうな記事があったので共有します。

個人的に気になるのは、今回のGoogle Cloud Anthos Day からスポンサーが付いたことは気になります。
2019年3月と9月のGoogle Cloud Kubernetse Day にはスポンサーではなく協力者的なポジションで参加されていました。

今までのイベントやセミナーでは、講演資料が共有や公開されることはなかったのですがこのイベント終了後に、セッションで使用された講演資料が公開されました。
今後もセッションの講演資料が共有されることを事前告知してもらえるとセッションのスピーチに集中できるので、ぜひともやっていただきたいです。