G SuiteでのGmailのMX レコード 設定方法

独自ドメインをG mailで利用できるように設定を行います。
設定しするにはホストドメインでレコード設定が必要になります。

設定手順

管理コンソールのウィザード を開き、Gmail の設定ウィザードに沿って進みます。

手順は次になります。

  • ドメインの設定を更新して Gmail の使用を開始します。
  • レコードを追加していただいたことを Google で確認します。
  • G Suite の使用を開始できます

ドメインの設定して Gmail の使用開始

ドメインをしていた場合はそのドメインホストが検出され、メールをGmail に転送する設定手順の案内が行われます。

G Suite で独自ドメインを利用するためにドメインホストに「Gmail用のMXレコードを追加」「確認コードを入力する」を入力します。

  • タイプ:MX
  • 名前:ドメイン
  • メールサーバー:指定されたMX サーバー アドレス
  • 優先度:指定された優先値

設定方法は同じですが、Cloudflare とGoogle Domainでの設定方法は以下になります。
それ以外のドメインホストの場合はG Suite 管理者 ヘルプ「ドメインホストごとの MX 設定手順」をご覧ください。

※設定するのは設定しているドメインホストのみです。

Cloudflare:G Suite の MX レコードを設定する

Cloudflare を利用している場合は、指定されているMX レコードを個々で入力し、保存します。

入力した文字は小文字に変換されます。

MX レコードの入力が完了すると次のようになります。
プレキシ スタータスは自動で「DNS のみ」に設定されます。

既に設定しているA、CNAME レコードは変更する必要はない。

Google Domains: G Suite の MX レコードを設定する

Google Domain の場合、「追加」ボタンをクリックせず、「+」ボタンを使用してレコードを追加します。

一つの名前で続けてデータを設定していく必要がある。

個々でMX レコードで「追加」ボタンでレコードを追加すると「すでに使用されているレコードです」というエラーが表示され、2つ目のレコードを追加することができません。

同じ名前を使用して、データを追加は使用済みのレコードと認識される。

追加したMX レコードの確認

正しいメール設定が追加されているかどうかを確認が行われます。

ドメインホストに設定したMX レコードの確認が完了するとステータスが「追加済み」と反映されます。

MX レコードの確認が完了すると、Gmail が使用できます。

以上でG Suiteでの独自ドメインをGmail で設定する方法になります。

意図的にGmail を使用せず、他のG Suite アプリのみを使用することもできます。その場合は最初のドメインの所有者確認のみを行えば、Gmail を除いたG Suite アプリのみを使用することができます。

G Suiteカテゴリの最新記事