課金条件変更、3月31日までIP アドレスは無料

WordPress×GCPの利用金額は?」で表記しているIP アドレスの利用料金ですが、2月1日からIP アドレスの課金条件が変更になりました。

IP アドレスの課金条件

2020年1月では、「IP アドレスを使用していた場合は課金対象外」になっていましたが、2月からは「2020年3月31日までは課金免除」になりました。
ただし、プロモーションのため期間限定です。

2020年2月の外部 IP アドレス料金

 2020年1月1日の課金条件

ドキュメントの記載は変更してしまっているため、オリジナルを確認することはできませんが、以下の文章になっておりました。

注: Google Cloud では 2020 年 1 月 1 日から、無料枠に該当しない公開アドレスの VM インスタンスについて、追加料金を導入します。転送ルールなど、他の公開アドレスのリソースは課金されません。 静的外部 IP アドレスを予約したものの使用していない場合、その IP アドレスについては以下の表に従って課金されます。静的外部 IP アドレスを予約し、VM インスタンスや転送ルールなどの Compute Engine リソースとともに使用している場合、そのアドレスは使用中とみなされ、それについては課金されません。

静的外部 IP アドレスを予約したものの使用していない場合、その IP アドレスについては以下の表に従って課金されます。静的外部 IP アドレスを予約し、VM インスタンスや転送ルールなどの Compute Engine リソースとともに使用している場合、そのアドレスは使用中とみなされ、それについては課金されません。

Compute Engine>ドキュメント>リソース>外部 IP アドレス料金 より引用

2月1日の課金条件

2月から次のルールが適用されています。

静的 IP アドレスとエフェメラル外部 IP アドレスに対して、次の表に従って課金されます。

予約した静的外部 IP アドレスを VM インスタンスや転送ルールなどのリソースに割り当てていない場合、その未使用の IP アドレスは、使用中の静的外部 IP アドレスとエフェメラル外部 IP アドレスよりも課金レートが高くなります。

転送ルールに割り当てられた静的外部 IP アドレスについては課金されません。

Compute Engine>キュメント> リソース>外部 IP アドレス料金 より引用
2020年2月の外部 IP アドレス料金

Google Cloudカテゴリの最新記事