G Suite 管理コンソール:新機能の無効化設定

G Suite の新機能を自動的に無効にする [G Suite]

G Suite に新しい機能がリリースされると自動的にその新機能を使用する事ができますが、組織体制や管理体制によっては新しい機能を一時的に無効にし、その新機能を確認してからG Suite ユーザーに使用(有効)させる運用にする場合があると思います。
今回はG Suite の新機能 リリースを自動的に無効させる設定をご紹介します。


前提条件

G Suite のデフォルト設定では「自動設定」に設定されています。

紹介する「手動設定」は新機能の使用を無効にさせる設定で、新機能のリリースさせるタイミングを変更(リリースを遅らせる)するための設定ではありません。

操作手順

  1. 管理コンソール にアクセスします。
  2. 会社プロフィール を選択します。
  3. プロフィールを選択します。
  4. 新製品 から「手動設定」を有効に選択します。
  5. 保存をクリックします。
Google 管理コンソール:新機能の無効化設定

手動設定について

手動設定に設定するろ管理者が有効にした場合にのみにユーザーは新しいサービスを使用できます。
この設定は新機能がリリースされたGoogle サービスにのみ無効化(使用できない)されますが、既に有効化されたGoogle サービスには無効になりません

この機能で無効化したGoogle サービスを後ほどに有効化させることも設定することができます。

関連情報