GCPでWindows 環境構築&リモートデスクトップで接続する方法

Google Cloud Platform (GCP) でWindows 環境構築 してリモートデスクトップ(RDP)する方法をご紹介します。


はじめに

Windows Server のブートディスクは、無料枠(Always Free プログラム)で使用することができません。
そのため、アカウントの課金を有効にする必要があります。

※ 他の対象となるGCP プロダクト/ サービスは無料トライアルクレジットを適用できます。

GCE インスタンスの作成

GCP Console から「Compute Engine」の 「VM インスタンス」をクリックします。

GCP コンソールからからVM インスタンスを選択。

「作成」をクリックします。

VM インスタンスを作成。

スペック

インスタンス名称

インスタンスの名前は、好きな名称にします。

※インスタンスの名前はあとで変更できません。

リージョン

インスタンスのリージョン先を選択します。

日本国内であれば、「東京(asia-northeast1)」または「大阪(asia-northeast2)」です。

GCP のレイテンシーは、非公式 Measure your latency to GCP regions で測定することができます。

※2020年1 月時点では、東京と大阪にE2 シリーズが適用されていません。

マシンの構成 

インスタンスのマシンを選択します。
ここでは、Adobe が推奨するスペックに合わせます。

Adobe Creative Cloud 推奨スペック
・OS:Windows7、10 64bit
・CPU:IntelまたAMD 2 GHz 以上
・メモリ:8 GB 以上を推奨
・グラボ 2 GB以上のVRAM を推奨

ブートディスク

「ブートディスク」を選択し、オペレーティング システムを「Windows Server」、バージョンを好きなモデルを選択します。

Windows Server のブートディスク サイズは、50 GB以上。

ブートディスク サイズはあとから追加することもできます。

Server と Server Core の違いは、「Windows Server の Server Core インストールオプションとは」をご覧ください。

プリエンプティブ

プリエンプティブ をONにする場合、
「管理、セキュリティ、ディスク、ネットワーク、単一テナンシー」を選択し、可用性ポリシー のプリエンプティブを「オン」に変更します。

プリエンプティブの最長は24時間、しかし突然終了することがある。

各項目を設定し、「作成」ボタンをクリックします。

IP の固定化

デフォルトでは、インスタンスのIP アドレスは動的になっています。
再起動を行うたびにIP アドレスが変更されてしまうため、IP アドレスを静的にします

左上の「≡」メニューをクリックして、「VPC ネットワーク」の「外部 IP アドレス」を選択します。

タイプをエフェメラルから「静的」に変更します。

エフェメラルとは、”一時的に割り当てられる動的な”という意味。

適当なIP アドレス名称を入力し、「予約」をクリックします。

名前 に使用できる文字は、小文字、数字、ハイフンのみ。

Windows Server インスタンスの外部 IP アドレスが静的になりました。

インスタンスに接続

Windows パスワードを設定

インスタンス名称をクリックします。

作成したインスタンスをクリック。

リモート アクセスの「Windows パスワードを設定」をクリックします。

Windows ユーザーを作成するために、ユーザー名を入力します。

ユーザーのパスワードを作成します。

※このパスワードは、一度しか表示されません。パスワードを忘れた場合は使用しているユーザ名を入力することでパスワードは再設定することができます。

リモート デスクトップ(RDP)でアクセス

「RDP」をクリックします。

次のポップアップが表示されます。
Windows Server に RDP でアクセスするために、Chrome RDP 拡張機能のChrome RDP for Google Cloud Platform を利用して、直接 RDP でインスタンスへ接続を行います。

Chrome ウェブストア から拡張機能をダウンロード。

「RDP」をクリックします。

Username とパスワードを入力します。

作成したWindows ユーザーとパスワードを入力。

「Continue」をクリックし、インスタンスに接続します。

接続完了すると、Windows 画面が表示されます。

デフォルトの使用言語はEnglish (United States)。

以上の設定で GCP にWindows VM インスタンスの構築に、RDPでの接続が完了となります。

1ヶ月の利用金額

1日 8時間 で1ヶ月(30日)利用したらいくらになるのか?を算出してみます。
(継続利用割引 あり)

ブートディスクのWindows Serverは、どのDatacenter シリーズをを選んでも使用料は、$58.40/月です。

e2-standard-2

次のVM インスタンス 構成にした際は、0.169 USD / 時、40.56 USD / 月 になります。
n1-standard-2 で同じ構成をしても価格は同等です。

  • ブートディスク:Windows Server
  • リージョン:台湾(asia-east1)
  • マシンタイプ:e2-standard-2(2vCPU、8 GB)
  • ゾーンSSD 永続ディスク:50 GB
  • プリエンプティブ:オフ

プリエンプティブを「オフ」にすると 0.115 USD / 時、27.6 USD / 月になります。約-67% の費用を抑えることになります。
ただし、プリエンプティブの最長稼働は 24時間でいつインスタンスが落ちるわかりません。

永続ディスク

永続ディスクは「HDD」「SDD」の2つのタイプがあります。

  • ゾーンSSD 永続ディスク:50 GB:8.50 USD / 月
  • ゾーンHDD 永続ディスク:50 GB:2.00 USD / 月

※Windows Server のディスクサイズは、最低 50 GB からです。


これでGoogle Compute Engine 上でのWindows 環境を構築することができました。
次の記事で、構築したWindow 環境に以下の初期設定を行います。

  1. ダウンロードが行えるように「Internet Explorer (IE)の設定変更」。
  2. ストレスをなくすために「Windows 言語を日本語 変更」。

【RDB】GCP × Windows 仮想環境の初期設定」をご覧ください。

Google Cloudカテゴリの最新記事