WordPressならNGINX?LiteSpeed?

乗り換える前に知っておきたい、 NginxとLiteSpeedの比較テスト [素組]

負荷がない状態では同じスコアですが負荷をかけるとOpneLiteSpeed の方が効率よくさばいていました。アクセスが多くないサイトであればNGINX でもOKですが常時アクセスがあるサイトであればOpenLiteSpeed の方が負荷分散ができるので切替検討してもいいかと思います。
負荷がない状態では同じスコアですが負荷をかけるとOpneLiteSpeed の方が効率よくさばいていました。アクセスが多くないサイトであればNGINX でもOKですが常時アクセスがあるサイトであればOpenLiteSpeed の方が負荷分散ができるので切替検討してもいいかと思います。

Nginx より早くWordPress にピッタリなWebサーバ LiteSpeed についての記事が多くなってきましたが、実データを使った比較レポートが見つからなかったので実際に運用しているWordPress データを使用した比較テストを行ってみました。

インフラ エンジニアではないので精度が高いレポートが作れませんが、自己満足レベルで比較していきたいと思います。

VM 環境について

NGINX とOpneLiteSpeed とも同じデータと環境を用意しました。
構築にはGCP のMarketplace でVM を構築しているため、ソフトウェアが異なっております。

  • NGINX:WordPress with NGINX and SSL Certified by Bitnami and Automattic
    • Debian 10
    • Ghostscript 9.05
    • ImageMagick 6.9.8
    • lego 3.8.0
    • MySQL 8.0.21
    • NGINX Open Source 1.18.0
    • OpenSSL 1.1.1g
    • PHP 7.4.9
    • phpMyAdmin 5.0.2
    • SQLite 3.33.0
    • Varnish 6.0.6
    • WP-CLI 2.4.1
  • LiteSpeed:openlitespeed-wordpress
    • Ubuntu 20.04
    • PHP 7.4
    • OpenLiteSpeed 1.6.15
    • phpMyAdmin 5.0.2
    • MariaDB 10.4
    • Redis 5.0.7
    • Memcached 1.5.22
    • CertBot 0.40.0

マシンタイプ

Google Compute Engine の次のマシンを使用しました。

  • リージョン:us-central-1c
  • VM マシンタイプ:n1-small
  • HD:10 GB

WordPress データ

別運用しているサイト「ホーチミン在住✎Channel」のデータをエキスポートし、それぞれのVMにインポートした「【アメリカ輸入】Planet Expressなら簡単、ついでにクーポン使ってプレミアムプランに。」を使用します。

Google にIndex されないようにクロール禁止にしているのでユーザからアクセスはされないようにしています。また、キャッシュ系のプラグインや最適化などは行っていません。

SSL 化した状態で計測したいので無料ドメイン Freedom でドメインを取得しています。

計測結果

PageSpeed Insights

「PageSpeed Insights」で5回の計測し、その平均値で比較しましたがNGINX とOpenLiteSpeed のスコアが同じでした。
NGINX からOpenLiteSpeed にWordPress 移行してもスコアが変わらないことがわかりました。
改善できる項目(PC/モバイル)に「サーバの対応時間を早くする」の評価が双方で異なっているのでマシンを高性能にすると同じ環境でもOpneLiteSpeed の方が高評価になるかもしれません。

計測MBPC
Nginx5568
OpenLiteSpeed5568

GTmetrix

NGINX とOpenLiteSpeed ともにほぼ同じスコア評価ですが、LiteSpeed では20〜50%程 各ファイルの読み込みが早くなっています。

PageSpeed ScoreYSlow ScoreFully Loaded TimeTotal Page SizeRequests
NginxC(76%)D(61%)6.2s2.74MB88
LiteSpeedC(76%)D(68%)6.1s2.96MB84

負荷テスト

パフォーマンス

k8 で「VM 20台 / 5分 / 東京」、メソッドはGETで負荷テストを行いました。

リクエスト数Min平均値標準偏差P95P99Mix
NGINX493900ms6.49s5.36s16.61s17.81s19s
OpenLiteSpeed503929ms6.38s4.36s16.74s19.83s23s

緑線:アクティブ VM
水線:レスポンス タイム
紫線:リクエスト レート

k6: Performance レポート: NGINX
NGINX の負荷テスト(パフォーマンス)
k6: Performance レポート: LiteSpeed
LiteSpeed の負荷テスト(パフォーマンス)

スループット

NGINX はVM 15台目からスループットが下がり、150秒あたりで処理落ちしました。
OpenLiteSpeed は20台からのアクセスも耐えましたが、210秒あたりで処理落ちしました。
OpenLiteSpeed の方が多くのアクセスにさばけることがわかりました。

k6: スループット レポート: NGINX
NGINX の負荷テスト(スループット)
k6: スループット レポート: LiteSpeed
LiteSpeed の負荷テスト(スループット)

まとめ

負荷がない状態ではほぼ同じスコアで、SEO 的な評価も変わりませんでした。
「ApacheやNginxよりも圧倒的な速度」「超高速」と巷で謳っていますが、実際のWordPress データを使って計測した限りでは「大量のアクセス処理をさばける」「一定の処理速」と評価だと思います。

負荷をかけるとNGINX よりもOpneLiteSpeed の方が効率よくさばけていました。また、各ファイルの読み込み速度も早いので第4サーバと呼ばれるだけのポテンシャルがあります。
今回は構築した状態(素組)での比較テストを行いましたが、CDN やチューニング設定を行うとどうなるか分かりませんが、専用WP プラグイン「LiteSpeed Cache」があるのでOpneLiteSpeed の方がサイトパフォーマンスを向上できる期待感はあります。

アクセスが多くないのであればNGINX でも構いませんが、常時アクセスがあるサイトであればOpenLiteSpeed の方が負荷分散ができるのでサーバの切り替えを検討してもいいかと思います。ただ、OpenLiteSpeed は、LiteSpeed のチューニング情報が少ないので、チューニングするのに苦労するじゃないかと思います。

余談ですが、Marketplace でVM を構築する際にも構築完了になるはOpneLiteSpeed が早かったです。また、openlitespeed-wordpress にはShielded VM が標準追加されているので外部からの脅威にさらされにくく安全に運用できます。

OpenLiteSpeed の記事

参考記事