海外でも日本語で受けれるGoogle Cloud 認定資格

ベトナムでのGoogle Cloud Platform認定資格を受ける機会があったので、海外での申し込み方法を書き留めてます。
海外で資格を受けたいと考えている方に参考になれば嬉しいです。


Google Cloud 認定資格とは

パブリッククラウドのGoogle Cloud Platform(通称:GCP)のGoogle 公認資格。
2018年10月時点は「Associate Cloud Engineer」「Professional Cloud Architect」「Professional Data Engineer」の資格がある。
受験できる言語は「英語」「日本語」「スペイン語」。
海外で「日本語」で受験するためには、日本語のGoogle Cloud Webassessorアカウントを登録する必要がある。

受験申し込み方法

アカウント作成

Google 認定資格試験(日本語)から申し込む。
Google Cloud Webassessor(受験者)アカウントを持っていなかったら、新しく作成する必要がある。
海外の住所を登録していると、受験会場を選択する際に最寄りの受験が最初から表示されるため、会場選択ミスをしないためにも現住所を登録をおすすめする。

ホーム

アカウント登録完了またはログインを行うと、受験申し込み状況の画面が表示される。
受験を行うので、右側にある「試験のお申し込み」ボタンを押す。

選択する試験名の最後に「〜〜(Japanese)」となっていれば、日本語で受験を行える。
受けたい資格の「今すぐ購入」ボタンを押す。

支払い方法は、クレジットカードになる、
また、支払い通貨は「USD」となっているので日本や現地クレジットカードを使用する場合は為替レートにご注意。

試験の申し込み

試験会場の選択

試験日時の選択

ショッピングカート

下部の「お支払い」ボタンを押す。

支払い情報

支払いは、クレジットカードになるため、使用するカードの情報を入力する。
USDの支払いになるため、使用するクレジットカードの通貨に注意。

支払いが完了すると、donotreplyから「Google 認定資格試験の登録の受付について」メールが配信される。また、Google Cloud Webassessorのホーム画面にも反映される。
受験する資格名と日程を確認。

以上で海外でのGoogle Cloud 認定資格の申込みは完了となる。

海外で活動している日本人にとっては、日本語で受けれるのはありがたい。

Google Cloudカテゴリの最新記事