【概要 編】Associate Cloud Engineer 認定資格をついて

Google Cloud には、スキルや専門知識の証明としてGoogle Cloud 認定資格 試験が用意されています。資格には、各技術的な専門知識を証明するため、Associate、Professional、G Suite、Apigee、Google Developers と分かれており、各分野事の認定資格 試験があります。

今回は、GCPの入門レベルとも言われるAssociate Cloud Engineer についてご紹介いたします。


Associate Cloud Engineer 認定資格とは

Associate Cloud Engineer は、Google Cloud Platform (GCP) でアプリケーションのデプロイ、オペレーションのモニタリング、クラウド プロジェクトの管理を行うスキルがあることの認定です。

Associate Cloud Engineer で評価される能力:

  • クラウド ソリューション環境の設定
  • クラウド ソリューションの計画と構成
  • クラウド ソリューションのデプロイと実装
  • クラウド ソリューションの正常なオペレーションの確保
  • アクセスとセキュリティの構成

アソシエイト とプロフェッショナル の違い

アソシエイト とプロフェッショナル は以下の方を対象として認定資格です。

  • アソシエイトは、GCP 実務経験が 6か月以上 の方を対象。
    • GCP コア テクノロジーに焦点を当てた認定資格。
    • クラウドや GCP の初心者には認定資格取得の出発点として適しています。
  • プロフェッショナルは、業界経験が3年以上で、GCP 実務経験1年以上 の方を対象。
    • 職務に基づいた認定資格。
    • 実務経験で培われた高度な設計スキルや実装スキルが評価。
    • 中心的な職務(クラウドインフラストラクチャ、データと機械学習、アプリケーション開発、ネットワーク、セキュリティ など)が焦点に当てられている。

Associate Cloud Engineer 認定試験について

  • 時間: 2 時間
  • 登録料: $125
  • 言語: 英語、日本語、スペイン語、ポルトガル語、フランス語、ドイツ語、インドネシア語
  • 試験形式:選択式
  • 試験先:テストセンター

Associate Cloud Engineer 学習方法

ステップ1:試験ガイド学習を確認する。

Google Cloud Platform の「Associate Cloud Engineer 認定試験ガイド」を使用して本試験範囲・職務スキル、または自分のスキルと知識を確認します。

ステップ2:Qwiklabs および Coursera トレーニングを受ける。

ハンズオンラボとオンデマンドのトレーニングを利用してます

ステップ3:不足している知識をドキュメントのページで補う。

Google Cloud Platform の「ドキュメント」で知識を補えます。

ステップ4:模擬試験を受ける。

Google Cloud Platform の「Associate Cloud Engineer 模擬試験」を受ける。

模擬試験では、試験で出題される質問内容の傾向や試験の準備や経験がさらに必要か判断できます。

番外編:Google Kubernetes Engine の知識を入れておく。

Google Cloud 認定資格チャレンジ(日本語/英語)ともにGoogle Kubernetes Engine の学習は推奨されていませんが、公式ページの参考情報 欄にはQwiklabs の「Kubernetes in the Google Cloud」「Google Kubernetes Engine Best Practices」「Baseline: Infrastructure」「Architecting with Google Kubernetes Engine」の学習をすすめているので、Google Kubernetes Engine の知識は持っておいた方が良いでしょう。

YouTubeやキャンペーンを活用する。

Google Cloud 公式で、Webセミナー「Cloud OnAir」やキャンペーン「」、イベントが行われております。
また、Google Cloud Platform のYouTube チャンネルでは、Google Cloud プロダクトやソリューション、チュートリアルが閲覧する事ができます。

模擬問題集

Google Cloud 認定資格を取得するメリット

Google Cloud は急成長中のクラウドです。ビックデータの処理や大規模な分析で大きなメリットが得られます。仕事でクラウドを使い始めたばかりでも他のクラウド ソリューションの経験がある場合でもGoogle Cloud 認定資格を取得して技術的な専門知識を実証し、競争の激しい市場でビジネスを成功させる重要なスキルがあることを証明できます。

Certification Journey for Google Cloud Partners より引用

  • エキスパートであることの証明
    • 技術的なスキルと専門知識の証明。
    • キャリアアップへの一助に。
  • 人材の見極め
    • GCP のクラウド知識保有者の採用に。
  • 特典
    • 認定ラウンジの利用。
    • 認定グッズ&ステッカーの取得(Professional Certifications のみ)
    • デジタルバッチの取得。

まとめ

Associate Cloud Engineer は、Google Cloud 認定資格の中でGCP 入門に当たる資格ですが、学習せずに本番ぶっつけで合格できるレベルでありません。入門レベルだからこそしっかり理解することが大切かと思います。

個人的な事ですが、Associate Cloud Engineer は、Professional Cloud Architect 下位版な感じがします。なので、Associate Cloud Engineer 合格後にProfessional Certifications を受けると事をおススメします。
Associate Cloud Engineer が基礎(コア)な問題が出題されるのに対して、Professional Certifications はその分野に特化した問題が出てくるので基本が知らないと答えるのは難しい問題が出るからです。また、Professional 認定でも基礎な問題も出題されるのでAssociate Cloud Engineer で問題傾向の感触を掴むほうが良いかと思います。

余談ですが、2019年10月からかAssociate Cloud Engineer を合格してもGoogle Cloud 認定グッズ&ステッカーは貰えなくなりました。貰えるのはProfessional Certifications のみ合格したときです。

このGoogle Cloud 認定資格はAmazon Web Services (AWS) 認定 同様に国際資格ですが、取得していても特定の業界でしか資格の効力が発揮されません。とはいえ、世界的にオンプレミスやレンタルからクラウドへシステムが移行されているので、Google CloudやAWSはIT業界やエンジニアからはそれなりの認知度があります。
資格証明よりも学習で身に付けた専門知識や技術的なスキルをアピールする戦略の方が聞く側としても理解しやすいと思うので、資格取得は無駄にならないと思います。

Google Cloud 認定グッズをもらえる条件は何ですか?
Google Cloud 認定資格(プロフェッショナル レベル)を取得した方はすべて、公式の Google Cloud 認定グッズを受け取ることができます。

Google Cloud 公式 のよくある質問 から引用

Google Cloudカテゴリの最新記事