Google Workspace:MX レコードの設定

[初期設定] ドメイン所有権を証明&Gmail のMX レコード

ここではドメインホストに指定されたMX レコードをすることで、Google Workspace にドメインの所有証明とGmail が利用できるようにするための設定方法をご紹介します。
ここではドメインホストに指定されたMX レコードをすることで、Google Workspace にドメインの所有証明とGmail が利用できるようにするための設定方法をご紹介します。

Google Workspace を利用するにはドメインの所有権を行う必要があり、Gmail を利用する場合は指定されたMX レコードをドメインホスト に登録する必要があります。

※ Gmail を利用しない場合はMX レコードを設定する必要はありませんが、ドメイン 所有権の確認だけは行う必要があります。

ここではドメインホストに指定されたMX レコードをすることで、Google Workspace にドメインの所有証明と Gmail が利用できるようにするための設定方法をご紹介します。


操作手順

※ ここ記載しているMX レコードのボリューム(コンテンツ)はダミーです。

1. Google 管理コンソール にアクセスします。

2. 黄色帯「ドメインの所有権を証明」をクリックします。
表示されていない場合は「ドメイン>ドメインの管理」のステータスをから確認できます。

Google 管理コンソール:ドメイン所有権は未設定

3. 「有効化」をクリックします。

Google 管理コンソール:Google Workspace を設定しましょう

4.「続行」をクリックします。

Google 管理コンソール:Gmail の使用を開始する手順

5. 指定されたMX レコードを利用しているドメイン ホストに追加します。
設定するMX レコードは全部で6つです。

Google 管理コンソール:MXレコードの設定手順
赤枠が追加するMX レコード

6. 利用しているドメインホストで指定されたMX レコードを追加して設定を行った後に「GMAIL を有効にする」をクリックします。

※ ドメインホストによっては反映されるまで時間がかかるところもあります。

お名前.com のDNS 設定ページ
一部レコードはダミーです。

7. MX レコードの認証確認が行われ、正しく設定できていた場合はステータスが「追加済み」になります。
設定が正しくできていない場合はステータスが「デバイスがありません」と表示されるので、ドメイン ホストで設定したMX レコードを確認してください。

Google 管理コンソール:MX レコードの確認完了

8. Gmail が有効になり、メールの送信/受信が行えるようになります。
「ALTx.ASPMX.L.GOOGLE.COM」を削除すると Gmail が利用できなくなります。

Google 管理コンソール:Gmail が有効になりました

以上で、ドメイン所有権を証明と Gmail のMX レコード 設定になります。

この Google Workspace の初期設定は、Google Workspace 特権管理者 とドメイン管理者 の権限を所有していないとできない設定です。
ドメインやDNS を普段触らない方にとっては不慣れな操作ですが、一度正しく設定すると次に設定する必要ありませんので頑張ってみましょう。

設定ができれば他の GoogleWorkspace 初期設定も行ってみてください。

関連情報