Google Classroom へのユーザー アクセスを制御リスト
Google Classroom へのユーザー アクセス一覧

[初期設定] Google Classroom に誰でも参加できるようにする方法

Google Classroom は教育機関向けのアプリですが、Google アカウントまたは Google Workspace(G Suite)アカウントでも使用することができます。 作成した Google Classroom にどのユーザーでも参加できる設定をご紹介します。
Google Classroom は教育機関向けのアプリですが、Google アカウントまたは Google Workspace(G Suite)アカウントでも使用することができます。 作成した Google Classroom にどのユーザーでも参加できる設定をご紹介します。

Google Classroom は教育機関向けのアプリですが、Google アカウントまたは Google Workspace(G Suite)アカウントでも使用することができます。例えば、塾や語学学校のクラスの生徒向けに利用することもできます。
Google Workspace のデフォルト設定では、同じドメインユーザーしか Google Classroom に参加できないようになっています。

ここでは Google Workspace アカウントで作成した Google Classroom にどのユーザーでも参加できる設定をご紹介します。


操作手順

  1. Google 管理コンソール にアクセスします。
  2. [アプリ > その他の Google サービス]をクリックします。
  3. [Classroom] を選択します。
  4. [クラスの設定] 欄をクリックします。
  5. [クラスのメンバーについて] をクリックします。
  6. [このドメインのクラスに参加できるユーザー] を選択し、参加できるユーザーを選択し、保存します。
Google Console:Google Classroom の設定変更

補足

このドメインのクラスに参加できるユーザー

このドメインのクラスに参加できるユーザー は、作成した Google Classroom に参加できるユーザーアカウントです。
作成したGoogle Classroom には「Google Workspace アカウント」「Google アカウント」しか参加できません。

このドメインのユーザーが参加できるクラス

このドメインのユーザーが参加できるクラス は、管理している Google Workspase ユーザーが 参加できる Google Classroom のユーザーアカウントを設定できます。
他の Google Classroomに参加できるのは、「Google Workspace アカウント」のみです。

ユーザー アカウント種類について

Google Classroom のユーザーアカウントには次の種類があります。

  • G Suite for Education アカウント(学校用アカウント)
  • Google Workspace アカウント(ビジネス向けアカウント、旧称:G Suite)
  • Google アカウント(個人用アカウント、別名:Gmail アカウント)
  • Google for Nonprofits(非営利団体用アカウント、旧称:G Suite for Nonprofits)

どのユーザーアカウントでも Google Classroom を作成/参加することができますが、作成したユーザーアカウントによってユーザーが Googe Classroom に参加できないケースがあります。

Google Classroom へのユーザー アクセスを制御リスト
Google Classroom へのユーザー アクセス一覧

参照情報