【ホワイト ペーパー】 「2025年の崖」から落ちないための アプリケーション変革

【ホワイト ペーパー】 「2025年の崖」から落ちないための アプリケーション変革
「2025年の崖」から落ちないための アプリケーション変革

マイクロサービス、DevOps、コンテナを採用した クラウド ネイティブへの道

これからのビジネス環境の激しい変化に対応するためには、戦略的に自社の既存アプリケーションをDX に活用できるものに再構築・新規構築する必要があります。これに対応するにはアプリケーションをクラウドネイティブ化することが有効です。
ホワイトペーパー『「2025年の崖」から落ちないためのアプリケーション変革 ~ マイクロサービス、DevOps、コンテナを採用したクラウド ネイティブへの道 ~』(発行:ITR, 2019 年 11 月 14 日)では、クラウドネイティブ・アーキテクチャとは何か、その重要性や、クラウドを適切に理解し活用するためのステップをご紹介しています。

「2025年の崖」から落ちないための アプリケーション変革 より引用

ページの右側に個人の情報を記入すると、本レポートがダウンロードできます。
ページはGoogle ですが、レポート作成社はGoogle ではなく、「株式会社アイ・ティ・アール(ITR)」が作成したレポートです。

2025年の崖 とは

2025年の崖 は、経済産業省が2019年9月に発表した「DXレポート」で警鐘として作成された造語で、「過剰な複雑化・老朽化・ブラックボックス化した基幹系システム(レガシーシステム)が残存した場合にDX(デジタルトランスフォーメーション)の阻害要因となり、国際競争への遅れや日本国の経済の停滞など」として使われています。
この問題が解決できない場合は、DXが実現できないのみでなく、2025年以降、最大12兆円/年(2019年の約3倍)の経済損失が生じる可能性 と算出されています。

他のGoogle Cloud ホワイトペーパー

Google Cloudカテゴリの最新記事