Google for Education 認定資格について

Google for Education の認定資格について

日本では導入しはじめたばかりで実用的な資格とは言えませんが、Google for Education は全世界で10億人を超えるユーザーが利用しており、IT 先進国の教育機関に導入されて多くの活用事例があるため、 海外 教育機関では有名な資格の 1つになっています。
日本では導入しはじめたばかりで実用的な資格とは言えませんが、Google for Education は全世界で10億人を超えるユーザーが利用しており、IT 先進国の教育機関に導入されて多くの活用事例があるため、 海外 教育機関では有名な資格の 1つになっています。

日本の教育機関が GIGA スクール構想とICT 環境・教育の設備で自治体や小・中学校で導入している Google の Google for Education ですが、Google for Education で教育者向けの認定資格が用意されています。
この Google for Education の認定資格についてご紹介します。


Google for Education の資格とは

Google for Education には、教師として長年積み重ねてきたスキル・専門知識と Google for Education サービスに習熟していることを知見を有していること示せる Google 公認の資格試験があります。

日本では導入しはじめたばかりで実用的な資格とは言えませんが、Google for Education は全世界で10億人を超えるユーザーが利用しており、IT 先進国の教育機関に導入されて多くの活用事例があるため、 海外 教育機関では有名な資格の 1つになっています。

Google for Education の資格は教育者や教育機関向けの資格ですが、教育機関に属していなくても教員免許を持っていなくても取得することができます。

取得することのメリット

資格に合格すると「認定書」「資格バッジ」が支給されます。

Google for Education の資格は Google 認定の資格ですが、日本の国家 / 一般社団法人 / 学会 / 協会 などの資格ではないため、独自の審査基準を設けて任意で認定する民間資格になります。そのため、Google for Education に関する知識と技能の水準を客観的に証明することができる資格になります。

現時点の日本では大きな意味を持っていないので、「Google for Education の技能をもっていますよ」と伝えるぐらいです。今後、ICT 環境・教育は本格的に加速し、IT の重要性が増していき、Google for Education が各教育現場で浸透・利用されていくことを考えると極めて有効な資格と言えると思います。

既に Google for Education を導入している学校に対しては、雇用者が教育者を採用する際の指標として役に役に立ちます。

資格の種類

Google for Education の資格はそれぞれの役割・活動別の資格が用意されており、「教育者」「教育者を養成するトレーナー」「教育上の課題を解決するイノベータ」「学校や教育者に指導するコーチ」になります。

  • Google 教育認定者レベル 1
  • Google 教育認定者レベル 2
  • トレーナー スキル評価
  • Google for Education 認定トレーナー
  • Google for Education 認定イノベーター
  • Google for Education 認定コーチ
Google for Education 資格バッジ
Google for Education 資格バッジ(英語版)

それぞれの資格をご紹介します。

Google 教育認定者レベル 1/レベル 2

Google 認定教育者(Google Certified Educator)は、Google for Education を校務や授業で活用するスキルがあることを世界に向けて証明できる教育者向けの認定資格です。このスキルの習熟度でレベル 1とレベル 2 で分かれています。

教育者レベル 1
Google 教育認定者 レベル 1(Google Certified Educator Level 1)は、教室に Google for Education ツールを導入・使用する基礎スキルを示す教育者向けの認定です。

教育者レベル 2
Google 教育認定者 レベル 2(Google Certified Educator Level 2) は、Google for Education ツールを使用して教室での教え方や学び方に変革をもたらす高度な能力を示す教育者向けの認定です。

トレーナー スキル評価

トレーナー スキル評価(Trainer Skills Assessment)は、トレーニング コースの理解度と Google for Education についての知識が試され、Google for Education 認定トレーナー 試験を申請するための資格です。

Google for Education 認定トレーナー

Google for Education 認定トレーナー(Google for Education Certified Trainer)は、Google for Education サービスの活用方法を教師に教え、授業の効率化、生徒の学習成果の向上、リーダーシップ スキルの養成を支援する役割を持つトレーナーとして Google から認定される資格です。

Google for Education 認定イノベーター

Google for Education 認定イノベーター(Google for Education Certified Innovator)は、Google テクノロジーを活用して教育者や学校機関に教育上の課題を解決・提言し、プロジェクトやアカデミーに取り組んで変革を推進する役割を持つイノベーター(革新者)として Google から認定される資格です。

Google for Education 認定コーチ

Google for Education 認定コーチ(Google for Education Certified Coach)は、教育機関に属する教育者と連携または1 対 1 のコーチングし、学校内でテクノロジーの促進して、教育者と教室の指導の役割を持つコーチとして Google から認定される資格です。

※ 2020年11月 時点では日本語ページはなく、英語での試験になります。

勉強方法

Google for Education の資格には、Google for Education のTeacher Center に資格別のトレーニング コースが用意されており、カリキュラムを学習することができます。それらは無料のオンライン トレーニングでカリキュラムには必要のある資料 / 練習問題 / トレーニングがあり、学習することができます。

また、Google や Google パートナー企業がGoogle for Education ウェビナー/セミナーが定期的に開催されているので開催しているGoogle for Education 認定 トレーナーから学ぶことができます。
セミナーの予定は「Google for Education ニュースとイベント」に掲載されており、過去のウェビナーは「Google for Education イベント」でまとめております。

資格試験への十分に準備ができたと感じられたら認定試験にチャレンジすることができます。


まとめ

Google for Education は海外では認知度が高い ICT ツールですが、日本では知名度が高くありませんでしたが GIGA スクール構想や ICT 環境の導入により、日本の教育機関や教育者で利用され始めました。既に教育現場で活用される Google for Education はさらに教師や生徒で利用され、今以上に Google サービスの存在感と IT 教育の重要性を強めていくことになります。

自身が必要とする役割を選択し、その知識と技能を取得することでより高い能力と自信が持てたり、あるいは新しい教育環境や教育指導ができ、さらなる成長と専門分野を図ることが出来るようになります。
これから ICT 教育を用いた授業に携わる方は、Google for Education 資格を取得してみてはいかがでしょうか。