Google 認定教育者(レベル 1/レベル 2)

【概要】Google 認定教育者(レベル 1/レベル 2)資格について

Google は、Google ソリューションやプロダクトを利用した教育者と生徒を支援するための教育向けプログラム「Google for Education」を提供しています。
そのGoogle for Education を使用する能力を証明する「Google 認定教育者」という教育者向けの資格があります。
今回は Google 認定教育者レベル 1 / レベル 2 についてご紹介します。

Google 認定教育者 の概要

Google 認定教育者(Google Certified Educator)は、Google for Education を校務や授業で活用するスキルがあることを世界に向けて証明できる教育者向けの認定資格です。
教育者レベル は、レベル 1とレベル 2があります。

教育者レベル 1
レベル 1 は、教室に Google for Education ツールを導入・使用する基礎スキルを示す教育者向けの認定です。

教育者レベル 2
レベル 2 は、Google for Education ツールを使用して教室での教え方や学び方に変革をもたらす高度な能力を示す教育者向けの認定です。

レベル1 とレベル2 の違い

教室環境でGoogle for Education ツールを使用するスキルの習熟度や活用方法で教育者レベルが異なります

Google 認定教育者レベル 1とレベル 2 の違い
  • 教育者レベル 1 は、Google のツールを初めて利用する教師を対象。
    • 授業にGoogle ツールの活用方法の習熟度を確認。
  • 教育者レベル 2 は、教育者レベル1 を取得している教師を対象。
    • 教育者レベル1 より専門知識と高度なテクノロジー スキルが求められる。

Google for Education 認定資格

Google for Education は、学校関係者それぞれのニーズに応じた専門能力開発を行うために、認定資格があります。
学校関係者や教員向けの資格ですが、教育機関や教員でもない一般の方でも試験に受けることができ、資格も取得することができます。

  • Google 認定教育者(レベル 1、レベル 2)
  • 認定トレーナー
  • 認定イノベーター
  • G Suite Certification

※ G Suite Certification はGoogle Cloud 認定資格 G Suite と同じ資格です。

Google 認定教育者 試験について

受験

レベル 1 は、10 USD。
レベル 2 は、25 USD。

試験言語

日本語、英語 他
試験予約システム webassessor の表示言語が試験言語になります。

試験時間

試験時間は3時間(2部構成)です。

試験構成

試験は2部になっています。

  • 選択式問題
    • 択一 問題
    • 一問多答 問題
    • ドロップ&ダウン 問題
    • 並び替え 問題
  • 実技問題
    • Google ドキュメント、スプレッドシート、Googele フォーム Google Classroom などを使用し、実際に設定する実技 問題。

試験先

遠隔試験(オンライン)

試験時には、Webカメラを起動することになります。
個室とは指定されていませんが、試験の様子はウェブカメラを通じて監督されているため、外部から影響が受けにくい個室が良いでしょう。

試験に必要なモノ

  • ブラウザ Chrome の最新バージョン
  • ノートパソコン、またはデスクトップ パソコンのウェブカメラ
  • インターネット接続(Wi-Fi 可)

※ Google for Education:Teacher Centerの 認定ポリシーとよくある質問 をご覧ください。

合格スコア

合格スコアは80%で設定されています。
個々の問題の点数は明記されてません。

結果発表

合否結果は試験終了に表示されます。
合格すると正式な認定書とロゴは表示後から24〜48時間でメールと届きます。

不合格だった場合

試験結果後に「不合格」と表示とともに正解スコア(%)が表示されますが、不正解だった問題や具体的な点数は表示されません。
受けた試験結果に基づく上位 3 つの改善領域 Google トレーニングURL が表示され、メールでも届きます。

Google 認定教育者レベル 2 試験結果:不合格

認定の有効期間

この認定資格は 36 か月間有効です。
36 か月後に再び試験を受けていただく必要があります。

再試験

1回目で不合格だった場合、14 日後から再受験可能です。
2 回目も不合格だった場合、2回目の試験から60日間後に再受験可能。
3 回目も不合格だった場合は、3回目の試験から1年間後に再受験可能。
受験料は毎回必要です。

試験中の検索行為について

Google認定教育者になりました。のK 氏によると「テスト中、ググることができる」と記載されていたのでGoogle for Education 試験 ポリシーと秘密保持契約(NDA)を調べてみました。
試験での不正行為または不正使用の例として次のように記載されています

試験における不正行為

完了したすべての試験において、不正行為、カンニング、本人確認の詐称がないことの確認を行っています。Google for Education チームは、上記の再受験ルールを含めた試験ポリシーに違反するユーザーについて、すべての認定やバッジを停止する権利を有します。
カンニングは、熱心に勉強し規則に従って行動する受験者に対して不公正な行為です。このような行為を見聞きした場合は、GFE 試験違反チームまでメール(メールアドレスを挿入)でご連絡ください。 [email protected]

試験の不正行為および/または誤用の例には、以下が含まれますが、これらに限定されません。

・他人になりすましての受験
・不適切な支援の提供または受け入れ
・方法のいかんを問わず実際の試験の内容を漏えいすること。ウェブへの投稿、公式か非公式かを問わず試験準備やディスカッション グループを通して公開すること、記憶をもとに再現することなどを含みますが、これに限定されるものではありません。
・認められていないアイテムの試験への持ち込み
・試験準備における許可されていない資料の使用(記憶をもとに作成された資料、解答の有無を問わず許可なく出版された試験問題など)
・種類を問わず、試験中にメモを取ること
・形式を問わず、試験のコンテンツの削除または削除の試み
・種類を問わず、試験中の意図的な妨害
・本試験またはその他の試験記録の結果やスコアレポートの修正や変更

確かに「試験中での検索 行為」については明記されていませんでした。英語版でも「note(物理的のノート)」でのメモは禁止となっているので、検索 行為は許容されると認識しても良さそうです。
本試験の目的が「Google for Education ツールの活用および習熟度を図る試験」なのでGoogle 検索を使用するのも試験の一つという感じでしょうか。

実際にGFE 試験違反チーム([email protected])で問い合わせてみましたが、返答は返ってきていませんでした。

Google for Education 試験 ポリシーと秘密保持契約(NDA)

Google Cloud 認定資格G Suite 認定資格の遠隔(オンライン)試験では、検索行為については禁止していると明記されています。

試験中にオンライン資料を参照できますか?
いいえ。他のタブやウィンドウを開くと試験監督に通知され、試験は自動的にキャンセルされます。

認定資格に関するよくある質問 より引用

Google 認定教育者 の学習方法

Google 認定教育者 は、教室環境で Google for Education のツールを使用する能力を試し、その成績を評価するのが目的です。

ステップ1:学ぶ

Google for Education の教育者向けのトレーニング「Teacher Center」からコースを選択して教室で行う授業にGoogle アプリやデバイスを取り入れる方法を学習し、Web ツールやオンライン テクノロジーが授業で学習で与える影響を学びます。

ステップ2:実践する

実際に演習を行って、その内容を振り返ります。また、コースで学んだことを実際にGoogle for Education ツールを使い、応用します。

番外編:Google アプリ の理解する

Google for Education ツールやGoogle アプリの教科書がAmazon で販売されています。使い方の確認や不安がある場合は書籍で学習するのも良いと思います。

できるGoogle for Education クラウド学習ツール

表紙:できるGoogle for Education クラウド学習ツール実践ガイド
  • 書籍名:できるGoogle for Education クラウド学習ツール実践ガイド
  • ページURLhttps://amzn.to/2SoHenT
  • Kindle 価格:1,980 円 (税込み)
  • 出版日:2019年 10月 3日
  • 総ページ数:176 ページ

はじめてのGoogle oogle Classroom の教科書 2020

はじめてのGoogle oogle Classroom の教科書 2020
  • 書籍名:教職員・セミナー講師のためのはじめてのGoogle Classroom の教科書 2020
  • ページURLhttps://amzn.to/3bEU9de
  • Kindle 価格:0 円 (Kindle Unlimited)
  • 出版日:2020年4月5日
  • 総ページ数:234 ページ

はじめてのGoogle アプリ 徹底入門の教科書 2020

大学生・新卒のためのはじめてのGoogle アプリ徹底入門の教科書 2020
  • 書籍名:大学生・新卒のための はじめてのGoogle アプリ徹底入門の教科書 2020
  • ページURL:https://amzn.to/2VhI2M4
  • Kindle 価格:0 円 (Kindle Unlimited)
  • 発行日:2020年4月6日
  • 総ページ数:1,754 ページ

※ 本書籍は、上記の「はじめてのGoogle oogle Classroom の教科書 2020」も含まれています。
詳しくは、【Kindle、無料】はじめてのGoogle アプリ 徹底入門の教科書 2020 をご覧ください。

Google 認定教育者を取得するメリット

  • 世界中の認定教育者とつながるネットワーク
  • デジタル バッジと証明書の取得

試験 申し込み方法について

Google 認定教育者(レベル 1/レベル 2)の試験申込みは、試験予約システム webassessor から申し込みする事ができます。
申し込みにはKryterion アカウントを作成必要になります。

詳しくは「Google 認定教育者 試験の申し込み&試験の開始方法について」をご覧ください。

模擬問題集

他のGoogle 認定教育者 記事

Google 認定教育者(レベル 1/レベル 2) 試験を受けたので申し込み方法から問題の所感についてお伝えしたいと思います。各パートに分けて記事化しました。