Google for Education パッケージ

Google for Education とG Suite for Education の違いは?

Google 認定教育者 試験を受ける際に「Google for Education?G Suite for Education?」と疑問に感じました。多くの方も最初は同様の疑問を思ったのではないでしょうか。
その時の疑問や情報をまとめたページになります。


Google for Education とは

Google for Education とは、Google ソリューションやプロダクトを利用した教育者と生徒を支援するための教育向けプログラムです。
Google for Education には、生徒と教師のためのソリューションとプロダクトあります。

Google for Education パッケージ

Google for Education のGoogle Cloud Platform では、研究/教育/学習の目的とした教育助成金(無料クレジット)を利用できます。
Chromebook はもともと、教育向けに設計されたノートPCです。
そして、Chrome Education Upgrade で、自動更新/端末/ユーザー管理が行え、デバイスを簡単にセキュリティ管理できます。

Google for Education に含まれるリソースとプロダクト

  • Chromebook
  • G Suite for Education
    • Google app
  • Google Cloud Platform(GCP)
  • Chrome Education Upgrade
  • 教育リソース
  • トレーニング
    • エキスパートによるトレーニング
    • 教師向けのトレーニング
    • 認定資格
  • Google サポート
    • コミュニティ
    • 事例掲載
    • セミナー/イベント
    • パートナー企業

G Suite for Education とは

G Suite for Education は、教育機関向け(学校や教室)生産性コラボレーション ツールで、教育機関向けのG Suite です
使用できるのは基準を満たしている教育機関のみで基本的にG Suite と同じ機能を利用することができますが、教育機関向けにカスタマイズされています。

企業向けG Suite は1ユーザーあたり料金ががかかりますが、 G Suite for Education は教育機関が利用する場合に限り無料で利用することが可能になります。

G Suite for Education の上位エディション G Suite Enterprise for Education があり、すべての機能を利用可能、高度なセキュリティ設定を行えますが有償になります。

G SuiteとG Suite for Education の違い

基本概念はG Suite はビジネス(企業)向け、G Suite for Education は教育機関向けです。
基本的にはG Suite なので同じサービスを利用することができますが、機能や制限に違いがあります。
G Suite for Education は教育機関向けに調整されたG Suite と考えても良さそうです。

G SuiteG Suite for Education
対象グループ企業教育機関
料金有償無償 *1
Google サイト10 GB + 有償ユーザーあたり 500 MB100 GB
Google ドライブ、Gmail、Google フォト用の保存容量30 GB無制限
Google Vault有料アドオン *2無料
Google Meet 録画/ストリーミング機能利用不可利用可能
Cloud Search利用不可利用可能
データ損失防止(DLP)Gmail / Google DriveGmail / Google Drive
G Suite for Education に関するよくある質問 を参照

*1 G Suite Enterprise for Education は有償 のエディションとなります。
*2 G Suite Basic(1 ユーザーあたり 600 円)、またはG Suite Business もしくは G Suite Enterprise へのアップグレードが必要

参考サイト一覧

株式会社システムクレイス:G Suite BasicとG Suite for Educationの違いはなんですか?