【問題 編】Google 認定教育者レベル 2 試験の内容と対策について

【問題 編】Google 認定教育者レベル 2 試験の内容と対策について

Google 認定教育者レベル 2 試験内容については、NDA(秘密保持契約)に同意しているため、詳しいことは伝えることはできないので、Google for Education からの引用や一部ボカしてお伝えします。
また、書いていることは絶対ではないのであくまでも「こういう所感なんだ」「そうかもしれませんね」程度に捉えてください。


試験構成&時間について

Google 認定教育者レベル 2 の上級トレーニング

試験は、認定教育者レベル 1 と同様に「選択問題」「実技試験」2つの構成になっています。
選択問題と実技試験の問題数は認定教育者レベル 1よりも少し増えています。

制限時間も同様に2つの構成で3時間で回答が早くできた場合はいつでも終了を行うことができ、採点結果を見ることができます。

問題形式について

選択問題の問題形式も「択一選択問題」「複数選択問題」「ドロップ&ドラッグ」「並び替え」の4つです。

択一選択 問題
択一選択 問題 は、問題に対して回答を1つを選ぶ形式です。

複数選択 問題
複数選択 問題は、問題に対して複数の回答を選ぶ形式です。

※ 回答数は問題文に記載されており、指定された回答数を選択し忘れていた場合は警告メッセージが表示される安全設計になっています。

ドロップ&ドラッグ 問題
ドロップ&ドラッグ は、左右にボックスがあり、問題に沿ってドロップ&ドラッグを使った「グループ分け」や「縁結び」形式です。

並び替え 問題
並び替え 問題は、左側に事象が記載されており、その右側の順番を入れ替える形式です。

実技試験について

Google for Education ツールを使用して、問題の事例に沿って各課題を実際に操作・保存する形式です。G Suite 認定資格と同様の形式となっており、「Qwiklabs のG Suite 認定資格: 演習ラボ の第 2 部: 実技試験」と同じ形式での問題が体験できるので試験開始前に見ておくことをおすすめします。

Google 認定教育者レベル 2 の出題問題について

Google 認定教育者レベル 2 は、Google for Education ツールを使用して教室での教え方や学び方に変革をもたらす高度な能力を示す教育者向けの資格です。

出題範囲は「Google for Education ツールを使ってどのような授業に取り組むのか、さらに具合的な機能の活用」「教育者としての生徒を成長させたり、一緒に取り組める能力や思考」を問う問題範囲でGoogle 認定教育者レベル 1 より広く、ベストプラクティスを求める具体的な問題でした

また、教師のみでなく生徒がしたいことをどのGoogle for Education ツールを使って解決するのか?という他者へのアドバイス的な問題も特徴でした。

Google 認定教育者レベル 1 との違い

Google 認定教育者レベル 1 はGoogle for Education ツールの導入を問う問題構成でしたが、Google 認定教育者レベル 2 は Google for Education ツールの実際に授業に取り組むを問うさらに具体的な問題構成となっていました。

  • Google 認定教育者レベル 1:
    • Google for Education を導入する際の問題
    • 自分がGoogle for Education を使う問題
  • Google 認定教育者レベル 2:
    • Google for EducationやGoogle サービスを利用したベストプラクティスの学習方法に関する問題。
    • 教師間と保護者とのコミュニケーション。
    • 拡張機能や関数などの高度な機能で作業を効率化/自動化。
    • 他者へのGoogle for Education ツールの使い方の指導

Google for Education ツール以外にGoogle Earth / Google Maps / Google ブック / Google Lit Trips / Google Scholar に関しての問題もありました。

試験対策

選択問題

選択問題は全く同じ問題は出てきていませんが上級トレーニング からかなり近い出題されていたので各ユニット レビューのみを解くだけではなく、背景と目的をも確認して理解度を深めてください。

個人的には次の理解度を深めるのをおすすめします。

実施問題

実施問題 は認定教育者レベル 1 と同様にシナリオがあり、操作指示が記載されています。
認定教育者レベル 1 は単体ツールでの操作でしたが、認定教育者レベル 2 では複数のツールを操作し、一つの問題準備を用意するという問題や表(テーブル)に用意された数値を関数やピポットを使って欲しい数値のみを表示させる問題 などとさらに高度な操作問題となっております。
これも上級トレーニング からかなり近い出題されていたので読むだけでなく、実際に操作して実体験しておくといいです。

個人的には次のユニットでの実操作をおすすめします。

他のGoogle 認定教育者 記事

Google 認定教育者(レベル 1/レベル 2) 試験を受けたので申し込み方法から問題の所感についてお伝えしたいと思います。各パートに分けて記事化しました。

その他カテゴリの最新記事