Google Cloud Next Event 利用規約を日本語に翻訳。

Google Cloud Next Event にチケット情報やGoogle がイベントに対する間揚げ方が記載されていたので日本語へ翻訳を行いました。
翻訳はGoogle 翻訳 とみら翻訳を利用しており、ネイディブな日本語になるように手動修正をしております。そのため、完全に正しい日本語訳とは言えません。

正式にはGoogle Cloud Next Event Terms & Conditions をご覧ください。

Google Cloud Next の登録フォーム」に続いて誰得?の記事になります。


チケット

  • Google Cloud Next の一般チケットは、1,699 ドルです。
  • チケットには、3日間のカンファレンス セッション(2020年4月6〜8日)、プロダクト デモ、営業時間外の入場、Keynote(基調講演)へのアクセス、無料で毎日の朝食、昼食とスナック(まとめて「Google Cloud Next」)が含まれます。航空券、ホテル、交通機関は含まれていませんが、旅行の計画に役立つツールを提供できます。詳細については、https://cloud.withgoogle.com/next/sf を参照してください。
  • グループ、教育機関、政府の参加者は、専用価格でチケットを購入できます。在庫状況、価格やその他の登録要件については、nextsupport@google.com までお問い合わせください。
  • お支払い方法は、デビットカード、クレジットカード(Amex、Discover、JCB、Mastercard、Visa)をご利用いただけます。
  • 個人で購入できるチケットは、お一人様 1枚までとなります。
  • チケットは、3日間のカンファレンス セッションです。1日入場チケットは、空室状況に応じて後日に提供される場合があります。詳細については、Google Cloud Next FAQ をご覧ください。
  • チケットは登録自身で使用する必要があり、譲渡することはできません。
  • チケットをいかなる理由や事情があっても、転売行為、交換、オークション、譲渡を禁止しています。その結果、Google は一切の責任を負うことなくチケットを無効とする場合があります。
  • チケット購入者は、2020年 3月 15日(日)までにnextsupport@google.com に連絡することにより、チケットをキャンセルして払い戻しを要求することができます。それ以降にキャンセルを要求しても払い戻しは認められませんが、購入者の登録プロファイルは登録者の要求により削除できます。
  • 2020年 3月 15日(日) 以降のチケット販売はすべて終了となります。天候やセッションの空き状況などにかかわらず、返金や交換は行いません。

一般的な登録条件

  • Google Cloud Next Registration 登録フォームに入力するすべての情報は、知識の範囲内で正しく入力する必要があります。すべての情報は英語で入力する必要があります。入力した情報の一部(名前、会社、アップロードした写真など)は、出席者バッジに表示されます。
  • 登録後、登録プロファイルの名前を変更することはできません。カンファレンス セッション へのチェックイン時に提示する政府発行の写真付き身分証明書と一致する名前で登録してください。
  • オフサイト イベントを含め、Google Cloud Next に参加している間、ご自身の安全、所持品、幸福に対して単独で責任を負うことに同意します。 Google LLC およびその関連会社は、Google Cloud Next への参加、またはGoogle Cloud Next への参加に起因または関連するあらゆる種類の傷害または損害に対して責任を負いません。
  • Google による事前の許可がない限り、Google Cloud Next で商品やサービスの勧誘や販売は許可されません。これらの活動を行っている参加者はアンファレンス セッションから削除される場合があり、払い戻しの対象にはなりません。
  • Google Cloud パートナー またはGoogle Cloud Next スポンサー からGoogle Cloud Next への登録の案内を受けた場合、登録ステータスは紹介したGoogle Cloud パートナー またはGoogle Cloud Next スポンサー と共有されます
  • 参加者は、イベントの終了後にnextsupport@google.com にメールを送信することで、Google のイベント データベースから登録プロファイルの削除をリクエストできます。

チェックイン

  • チェックインの際、Google Cloud Next バッジを配布する前に写真付き身分証明書を確認します。運転免許証、パスポート、その他政府発行の身分証明書を受け付けます。有効な身分証明書をお持ちでない場合、バッジを受け取ることができず、カンファレンス への参加を認められません。
  • 教育機関 チケット(申し出があれば)をご購入の場合、チェックイン時に政府発行の身分証明書に加えて有効な学生 身分証明書(または同等の学術文書)を提示する必要があります。

参加者バッジ

  • 参加者バッジには、NFC、BLE、またはその他のRFID テクノロジーが含まれており、参加者へのサービス、イベントの促進、さまざまなセッションやアクティビティへの参加の決定に役立ちます。Google Cloud Next に登録することで、これらの目的での情報の使用に同意し、Google のプライバシーポリシーおよびサービス利用規約に従って使用されることを承認するものとします。
  • ショーケース、ブース、またはセッションでバッジを認証することで、マーケティング目的でそのショーケース、ブース、またはセッションを提示する企業と連絡先の情報を共有いたします。これらのステーションでバッジを認証することで、情報を共有することに同意したものとします。
  • Google Cloud Next にあなたの会社から5人以上に参加している場合、参加者が最も多かったセッションや関心のあるトピックなど、Google Cloud Next への参加状況の概要に関するレポートを受け取ることができます。Google Cloud Next に登録することで、この目的のためにバッジスキャン情報を使用することに同意したものとします。

参加者の要件

  • Google Cloud Next への参加は18歳 以上を対象としています。18歳未満の方もご参加いただけますが、ご参加には署名入りの許可証、有効な学生証(該当する場合)が必要となります。詳細については、nextsupport@google.com にお問い合わせください。
  • 参加者は、外部者をGoogle Cloud Next またはMoscone Center またはオフサイトで発生する関連するGoogle Cloud Next イベントに招待することはできません。他の同行者を同行させる場合、Google Cloud Next への参加または参加するために登録を行う必要があります。
  • アメリカ政府機関者または公的機関者の方は、Google Cloud Next Registration 登録フォームのアメリカ政府機関の所属 項目にご記入ください。ご質問がある場合は、nextsupport@google.com にお問い合わせください。
  • 次に該当する場合、Google Cloud Next への参加することができません。
    • 入国禁止を受けている国籍。
    • 入国禁止を受けている国で活動されている方。
    • それ以外の場合は、該当する入国規制および制裁プログラムによって禁止されている方。

特典

  • 出席者は出席者バッジを授与され、接待を提供される場合があります。 Google Cloud Next に関連する割引、プレゼント、または価値のある項目を登録して受け入れることで、該当する法律および組織の行動規範を遵守していることを承認するものとします。
  • 学校、大学、組織、または機関の専門的なガイドラインでこれらの項目を受け入れることを許可しているかどうかわからない場合は、事前に所属する倫理担当者に確認してください。Google Cloud Next で提供されている食べ物やギフトはオプションです。プレゼントを受け取れない場合でも、イベントに参加できる場合があります。

イベント写真&マーケティング リリース

  • Google Cloud Next では、撮影写真を友人や同僚、ソーシャルメディアで共有できます。 ただし、写真やビデオの撮影によって他の参加者の体験に悪影響を与えている場合は、停止または退席を求められる場合があります。 許可されていないイベント放送や報道 / メディアの報道を含む過度の写真 / ビデオは禁止されており、イベントからの退場の理由となります。 承認済みのメディア アクセスをリクエストする場合は、press@google.com にお問い合わせください。
  • Google は、Google Cloud Next のドキュメントを作成します。Google またはGoogle に代わってGoogle Cloud Next で撮影された写真、音声、動画には、参加者(あなた)の肖像が含まれる場合があります。Googleがお客様に対価を支払うことなく、かかる記録コンテンツをいかなる目的のためにも使用することに同意するものとします。

コミュニケーション

  • 登録されたすべての参加者は、Google およびGoogle に関与する作業員が、Google Cloud Next が登録と参加に関して連絡を取り、イベントに関する情報を提供できるようにすることに同意したものとみなします。チケットを購入することにより、Google はイベントに関する情報をメールや電話で連絡を行うことを同意したものとみなします。
  • Q&A セッションは、Google Cloud Next で開催されます。このイベントに登録することにより、Q&A プラットフォームに送信した質問はすべてGoogle によって管理され、Google の独自の裁量で編集または削除される場合があることを認めます。Google は、Q&A セッション中に、不適切、冒とく的、憎悪的、または嫌がらせのコンテンツを禁止する権利を保有します。

イベント ポリシー

  • Googleは、性同一性と表現、性的指向、障害、神経多様性、身体的外観、体の大きさ、民族、国籍、人種、年齢、宗教、またはその他の保護されたカテゴリに関係なく、嫌がらせのない包括的なイベントエクスペリエンスを提供することに専念しています。イベント参加者への嫌がらせは、いかなる形でも容認しません。Googleはポリシー違反を真剣に受け止め、適切に対応します。詳細については、Googleの 「Event Community Guidelines and Anti-Harassment Policy」 (イベントコミュニティのガイドラインとハラスメント対策ポリシー) をご覧ください。
  • Googleイベントのすべての参加者は、次のポリシーを順守する必要があります。
    Be excellent to each other.(お互いに優れている。)
    敬意を持って全員を扱う。誰もがここにいるに値することを認めながら参加します。そして、私たち一人一人は、嫌がらせ、差別、または軽desを恐れずに、経験を楽しむ権利があります。ジョークは他人を軽んじてはなりません。あなたが何を言っているか、それがあなたに、またはあなたについて言われた場合にどのように感じるかを考えてください。

    Speak up if you see or hear something.(何かを見たり聞いたりしたら、声を上げてください。)
    嫌がらせは容認されません。また、あなたや他の人が軽視された場合、あなたは礼儀正しく関与することができます。 あなたが不快に感じる人は、彼らが何をしているのか気づいていないかもしれません。

    Practice saying “Yes and” to each other.(お互いに「はい」と言って練習します。)
    お互いのアイデアを基にした演劇の即興テクニックです。 私たちは皆、一緒に創造することで利益を得ます。

    あらゆる種類の嫌がらせに対するZERO TOLERANCE POLICYがありますが、これらに限定されません。
  • ストーカー/フォロー
  • 故意の脅迫
  • 写真撮影や録音
  • 講演やその他のイベントの継続的な混乱
  • 不快な言葉遣い
  • 支配の社会構造を強化する言語
  • 公共の場における性的イメージと言語
  • 不適切な物理的接触
  • 望ましくない性的または肉体的注意

次の項目に関連して (ただし、これらに限定されない)

  • 神経多様性
  • 人種
  • 出身国
  • 性同一性
  • 性別表現
  • 性的指向
  • 年齢
  • 体型
  • 障害者
  • 外観
  • 宗教
  • 妊娠

嫌がらせ行為をやめるよう求められた参加者は、直ちにそれに従うことが求められます。「ゼロ トレランス」 とは、 「イベント・コミュニティ・ガイドライン」 や 「ハラスメント防止ポリシー」 に違反しているとの指摘があった場合には、その事実を調査・検討し、適切に対応することです。Google スタッフを見つけるか、nextsupport@google.com にメールを送信することで、あなたや他の人が不快に感じる行動を報告することをお勧めします。

Google Cloud Next スタッフは、参加者がホテル / 会場のセキュリティまたは地元の法執行機関に連絡したり、エスコートを行ったり、不快感や嫌がらせを受けている人がイベント期間中安心して過ごせるよう支援していきます。わたし達はあなたの参加を大切にしています。

このポリシーは、Google Cloud Next 関連のすべての講演、フォーラム、ワークショップ、ハンズオンラボ、ソーシャルメディア、パーティー、廊下での会話、出席者、パートナー、スポンサー、ボランティア、イベントスタッフ などに適用されます。Google は、独自の裁量により、いつでもGoogle が主催するイベント(将来のGoogleイベントを含む)への入場を拒否または削除する権利を留保します。これには、参加者が無秩序に行動したり、本ポリシーおよび本契約の条件を順守しない参加者が含まれますが、これらに限定されません。 参加者が嫌がらせや不快な行為を行った場合、カンファレンス 主催者は、払い戻しなしでカンファレンス から違反者を警告または追放するなど、適切と考える行動を取ることができます。


まとめ

時間をかけずに英語から日本語訳にしたので、シッカリと見直せていません。そのため、誤字脱字や翻訳ミス 等が多々あるかと思いますが、脳内翻訳を行ってください。

チケット の項目には、チケットで何ができるのか?が明記されています。
1月 10日 に$500 割引 プロモーションが配布されています。それよりも以前にチケットを購入されたのであれば、キャンセル手続きを行い、再度チケット購入時に、プロモーションを適用できるのではないかと思います。(ただし、チケットを購入権利があるとは限らない。)

参加者バッジ の項目には、Google Cloud パートナー / スポンサーでなくても会社から5名 以上参加あれば、参加者のセッションや関心トピックなのでレポートが共有されるとのことも明記されています。

普段熟読しない利用規約に、英語だと情報を見逃しがちですが、一種の契約書みたいなものなので重要な情報が入っていました。

個人的には、イベント ポリシーにGoogle からのメッセージが入っていたのが驚きでした。いつものGoogle ポリシーかと思っていたのですが、Google がGoogle Cloud Next への気持ちや参加者と盛り上げていきたいという思いが感じ取れる宣言文だったのではないかなと思います。
この部分を共有したくて、利用規約を日本語訳に行いました。

その他カテゴリの最新記事