インターナショナル ターゲティングでターゲット言語/国 を指定

Google Search Consoleが触ってると「インターナショナル ターゲティング」というキーワードを目にすることがあると思います。
現行:新デザインのSearch Console に移行実装されていないため、直接設定することができませんが機能としては生きています。
意外と知らない方が多いので紹介したいと思います。


インターナショナル ターゲティング とは

多言語のサイトで hreflang の設定をデバッグしたり、検索結果でターゲットにする国を設定したりします。
推奨される使用方法: 異なる言語や地域でクロールが正しく行われるように、サイトに hreflang タグを追加する際に使用します。また、サイトのメインの対象国を 1 つ設定するために使用します(サイトのコンテンツから明白でない場合)。

Google Search Console ヘルプから引用

要約すると、このWebサイトは何語でどこの地域をターゲットしているのかをGoogle クローラーに伝え、検索ユーザーに合った言語を表示することができます。
基本的には、多言語化しているサイトが対象となります。1言語でのWebサイトであれば、インターナショナル ターゲティングを設定する必要はありません。

インターナショナル ターゲティング の設定方法

設定するには「国」「言語」を指定する必要があります。
そのためには旧デザインのSearch Console にアクセスする必要があります。

旧デザインのSearch Consoleへのアクセス

新デザイン のSearch Console で実装されいないため、旧デザインのSearch Console の「インターナショナル ターゲティング」へのアクセスしなければなりません。
インターナショナル ターゲティング にアクセスするには、「URLを直接叩く」「新デザインから移動する」の2つ方法があります。

旧デザインのSearch Console URLを直接叩く

このURL「https://www.google.com/webmasters/tools/i18n?hl=ja」にアクセスを行うと、「インターナショナル ターゲティング」ページにアクセスができます。

新デザインのSearch Consoleから移動する

Search Console の左上の「≡」メニューを選択し、以前のツールとレポート「インターナショナル ターゲティング」をクリックします。
クリックを行うと、「従来のレポートおよびツールは、ドメイン プロパティでは利用できません。詳細」メッセージが表示されます。
詳細」をクリックすると別タブでSearch Console ヘルプに移動します。
「インターナショナル ターゲティング」をクリックすると、「インターナショナル ターゲティング」ページに移動します。

国:ターゲット地域を指定

「国」タブをクリックします。
「ターゲット ユーザーに地域」にチェックし、「ターゲットする国」を選択し、保存をクリックします。

日本人=日本 ではないが、日本を指定しています。

日本語ユーザーをターゲットにしているので「日本」を選択していますが、この発想は正しくないけど近いと思います…

言語:このサイトの言語を指定

「言語」タブをクリックします。
設定を行っていないので「サイトに hreflang タグがありません。」と記載されているを確認します。

hreflang タグ を記述には、「headタグ内」「HTTPヘッダー」「XMLサイトマップ」の3つ方法があります。
ここので「headタグ内」を説明します。

左ナビゲーションの外観から「テーマエディター」を選択し、右メニューのテーマファイルから「テーマヘッダー (header.php)」をクリックします。

次のコードを<head>タグ 内に記述し、「ファイルを更新」をクリックします。
hreflang タグは「ページごとに言語を指定」する必要があるため、現在のURLを出力するget_the_permalink() を使用します。

<link rel="alternate" hreflang="ja" href="<?php the_permalink(); ?>" />

ページの言語が日本語ではない場合は「ja」を変更してください。

後日ページを確認するとhreflang タグ のステータス グラフが表示さてます。


まとめ

このインターナショナル ターゲティングは複数言語に対応したサイトが対象となりますが、このサイトには使用しております。
理由としては「日本国外からのアクセスが多い」からです。要因としては次だと考えています。

  • サーバーの置き場所がアメリカ合衆国オレゴン州に設置しているため。
  • 英語のキーワードを多用しているため。

設置してからは、日本国外からのアクセスが減ったような気がします。

今回はWordPress.com のテーマヘッダーに直接記述してしております。理由としてはプラグインを導入してインスタンスへの負荷、セキュリティ対策からです。WorpPress プラグインを使用してインターナショナル ターゲティングを設定する事もできます。
複雑の言語構成になっているのであれば「プラグイン」で管理する事をおススメします。

Google Search Console (通称、サチ子orサチ男)は、Webサイト運営時に必須なサービスなので是非使ってみてください!

その他カテゴリの最新記事