OpenLiteSpeedのWordPressが404 表示される

【OpenLiteSpeed】.htaccess ファイルが動かず404表示されるときの対処法

.htaccess ファイルを利用してログインURLを変更していましたが、OpenLiteSpeed のRewrite ルールが認識されなくなり、WP 管理コンソールにログインができない状態になりました。 その時の対処法を共有したいと思います。
.htaccess ファイルを利用してログインURLを変更していましたが、OpenLiteSpeed のRewrite ルールが認識されなくなり、WP 管理コンソールにログインができない状態になりました。 その時の対処法を共有したいと思います。

OpenLiteSpeed は、Apacheとの互換性があり「.htaccess」ファイルを使用することができます。

セキュリティ WPプラグイン「SiteGuard WP Plugin」でWordPressのログイン URLを変更していましたが、突如ログインができない状態になりました。
その時の対処法を共有したいと思います。


WordPress 管理コンソールにログインできない

現象

カスタムしたWordPress ログインURLから正しい ID/PW を入力しても管理コンソールが表示されず、404 ページが表示される。
また、対象のWP プラグインを削除してもログインURLがデフォルト「/wp-admin/」に戻らず、WP管理コンソールにログインできない。

原因

WP管理コンソールのLiteSpeed Cache 設定されている .htaccess ファイルに書かれた Rewrite ルールが認識されない。

対処法

  1. OpenLiteSpeed 管理コンソールからRewrite 制御の Rewriteを有効にする を「いいえ」に一時的に変更します。
  2. 次に、WP 管理コンソールからLiteSpeed Cache 設定 の「ツールボックス>.htaccess を編集」でページ末の「.htaccess を保存」をクリックします。
  3. 上部バーのLiteSpeed から「すべてをパージする」を行い、内部キャッシュを消去します。
  4. OpenLiteSpeed 管理コンソールに戻り、Rewrite 制御の Rewriteを有効にする を「はい」に変更します。

対処したあとにログインすると、キャッシュが残ったままのため、同じ現象が起きると思われます。
ログインする際は、キャッシュを削除するか、シークレットモードでログイン テストを行ってください。

OpenLiteSpeed 管理コンソールへのログイン方法

対象のVM インスタンスにSSH 接続し、ターミナルを表示させます。
次のコマンドを実行し、すべてのIP アドレスがポート 7080 へのアクセスを許可します。

sudo ufw allow 7080
ターミナル:ポート 7080 への接続許可

次のコマンドを実行し、OpenLiteSpeed 管理コンソールへのログイン ID/PW を取得します。

cat /home/ubuntu/.litespeed_password
ターミナル:OpenLiteSpeed の管理者 ID/PWの取得

「http://{IP アドレス}:7080」でOpenLiteSpeed 管理コンソールのログイン画面にアクセスし、取得したID/PWを入力します。

OpenLiteSpeed のWeb管理画面

OpenLiteSpeed 管理コンソールで作業終了後は、
次のコマンドを実行し、ポート 7080への接続を閉じます。

sudo ufw delete allow 7080

参照情報

あぱーブログ:LiteSpeed Web Server での WordPress 設定メモ(CentOS)>パーマリンクを設定して 404エラー になる場合の対処方法