[強制停止] AMP対応が原因? Adsenseの広告制限

[強制停止] AMP対応が原因? Adsenseの広告制限

Chrome のシークレット モードで誤って広告をクリックしてしまったことで、Google Adsense から広告制限を受け、広告が表示されなくなりました。

ポリシー違反の通知

Google Adsense の管理コンソールにアクセスすると上部に見慣れない通知メッセージが表示されていました。

Google Adsense:広告制限の通知メッセージ
表示できる広告の数が制限されています。詳しくは、ポリシー センターをご確認ください。

ポリシーセンターをクリックすると通知内容が記載されていました。

Google Adsense:アカウントに関する問題

無効なトラフィックが原因で広告配信に制限されてしまいました。
改善すると広告配信の制限を解除されるとのことでした。

制限をかけられた原因は?

問題となっている無効なトラフィックですが、Google からは具体的に何が原因だったのか教えてくれません。そのため、自分で推測し改善していく形になります。
公式ヘルプによると次の可能性があるとのことです。

  1. サイト運営者様が、ご自身のライブ広告をクリックしてクリック数やインプレッション数を増やすこと
  2. 1 人以上のユーザーが繰り返しクリックして、クリック数やインプレッション数を増やすこと
  3. サイト運営者様がご自身の広告でのクリックを誘導すること(例: 広告をクリックするようユーザーを誘導するあらゆる言葉、大量の偶発的クリックを誘発する広告掲載など)
  4. 自動クリックツールやトラフィック ソース、ロボット、その他の不正な行為を行うソフトウェア

私の場合は誤クリックしてあとに制限通知が来たので「1」になります。

「Adsense無効なトラフィック」事件の真犯人はあんただ「Adsense狩り」!!! 記事と同様に「表示回数<クリック数」もなっていました。
実は「2」も対象になっていたが「1」がトリガーとなり、制限対象になった感じがします。

対応策

原因が分からないので正しい対応ができないのですが

公式ヘルプ「無効なトラフィックを防止する方法」や「2 クリック (確認クリック) の措置」を参考にするとトラフィックと広告の2つの対策をするのが有効のようです。

トラフィックに対する対策

  • 広告トラフィックやサイト訪問者を把握する。
  • 信頼できない業者、質の悪い業者との提携を避ける。
  • 自分のサイト内の広告だからといって安易にクリックしない。

広告表示に対する対策

  • 広告ユニットとコンテンツの距離を空ける。
  • AdSense 広告と分かるようにラベルを付ける
  • 次のページに誘導するボタンを広告の下ではなく上に配置する。
  • 広告を連続的に置かない、もしくは複数の広告がある場合、できだけ間隔を空ける。
  • コンテンツの上に広告が表示されないようにする。
  • 広告の表示速度を早くする。

どれを改善したら広告制限を解除されるのかはGoogle は答えてくれません。
そのため、全て対応するというのが正しい答えなのかもしれません。

制限期間はどれぐらい?

Google Adsense 広告ヘルプでは次のように記載されています。

通常、この広告配信の制限がサイト運営者に与える影響は 30 日間続くことはありませんが、それ以上続く場合もあります。

ポリシー違反への措置 広告配信の制限 から引用

「30日も制限を設けることはないが、30日以上続く場合もある」という期間ははぐらかした答えになっています。

ネットで調べてみると同じく制限を受けたサイトによって制限期間は異なっているいましたが、30日以上制限をされているケースは見つかりませんでした。

制限を受けた期間

広告制限が開始されたのは2020年5月19日で、解除されたのが6月20日でした。約1ヶ月間(31日間)広告制限を受けていました。

本サイトをAMP対応しているのですがその間の広告表示回数は一桁台で解除される傾向が見受けれれませんでした、そのため6月13日にAMPを解除した翌日(14日)から広告表示が行われ、6日後に警告メッセージが解除されました。

Google Adsense レポート:広告制限を受けた期間
黄線が表示回数、青線収益。

恐らくですが、AMP対応のままだとずーっと制限を受けていたと思うのでもし、同じように制限を受けてAMP対応サイトであれば一時的に解除されるのがいいかもしれません。

その他カテゴリの最新記事