Google公式『Site Kit by Google』でハマったことや使用感について

Google 謹製のWordPress プラグイン「Site Kit by Google」を導入して、ある程度ナレッジが溜まってきたので使用感やハマりどころを共有したいと思います。

導入方法や設定方法は『Google謹製「Site Kit by Google」の使い方 〜導入と設定 方法〜』を御覧ください。

Google 謹製のWordPress プラグイン「Site Kit by Google」が非常に素晴らしかったのでご紹介したいと思います。まず、多くの記事で「Site Kit は解析や分析 プラグイン」と記載されていますが、それは側面だけで重要な事を知らない記事です。または投稿日がとても古...
Google謹製「Site Kit by Google」の使い方 〜導入と設定 方法〜 - GoogleにCloudする庭

Site Kit by Google とは

Site Kit is the official WordPress plugin from Google for insights about how people find and use your site. Site Kit is the one-stop solution to deploy, manage, and get insights from critical Google tools to make the site successful on the web. It provides authoritative, up-to-date insights from multiple Google products directly on the WordPress dashboard for easy access, all for free.
(Site Kit はGoogle が提供するWordPress の公式プラグインで、ユーザーがサイトを見つけて利用する方法を知るためのものです。Site Kit は、Web上でサイトを成功させるための重要なGoogle ツールの導入、管理、洞察を行うためのワンストップソリューションです。複数のGoogle 製品からの信頼できる最新情報をWordPressのダッシュボード上に直接表示し、簡単にアクセスできるようにしています。)

Site Kit by Google から引用

Site Kit はGoogle 公式が開発したWordPress プラグインです。
2018年 12月 6日にSite Kit という名称でβリリースをされ、2019年 10月 31日にSite Kit by Google という名称で正式リリースしました。

公式サイト:https://sitekit.withgoogle.com/

Site Kit は、Google サービスと連携してWordPress 管理画面上から「Search Console」「Google AdSense」「Google アナリティクス」「PageSpeed Insights」「Google Tag Manager」「Google Optimize」のインサイト(概要レポート)を確認することができます。
また、Google アナリティクス・Google Tag Manager・Google AdSense のコードを自動的にコードに挿入されるため、直接記入またはプラグインを使用しようしなくても良くなります。

連携できるGoogle サービス

※Google 各サービスと連携させるには、ここでアカウントを作成しておく必要があるのでご注意ください。

Site Kit で連携できるGoogle サービスは次になります。

  • Search Console
  • Google AdSense
  • Google アナリティクス
  • PageSpeed Insights
  • Google Tag Manager
  • Google Optimize

まだ、Google Ads は連携することができません。

Site Kit by Google でできること

レポートが1箇所で確認

サービスと連携しているとWordPress 管理画面上でまとめてインサイト(概要統計)が見ることができます。
インサイトなので詳細を確認するには各サービスで確認する必要があります。

インサイトで出せる期間は「過去 7間日」「過去 14間日」「過去 28間日」「過去 90間日」です。

googlecloud.4watcher365.dev の統計データ(過去 7日間)

コードを自動挿入

Site Kitでは、「Google アナリティクス のトラッキング コード」Google Tag Manager のコンテナコード」「Google AdSense の自動広告コード」が自動的に挿入されますので、WordPress テーマに直接記入やプラグインの使用を行わなくて済みます。
コード記入の手間がなったので楽です。

また、Google AdSense は、WebサイトがAMP 化していた場合、AMP のコードが表示されます。AMP化していない場合は、通常 Javascript のコードになります。

Google アナリティクス・Google Tag Manager・Google AdSense のコードが自動で挿入される。

ハマったこと

PV数が倍増、直帰率が4%まで改善?!

Site Kit を導入後、直帰率に約 5%、PV・セッション・ユーザー 数が増加(偶数目)と大きな変化があり、「こいつはオカシイ…数値がゾロ目の連続は2重計測のサイン?!」と調べてみると、やっぱりGoogle アナリティクス の2重計測が原因でした。

理由は、Google Tag Manager にGoogle アナリティクスの計測タグを入れていたことが理由でした。
Site Kit が自動で「Google アナリティクス のトラッキング コード」「Google Tag Manager のコンテナ コード」を記入するため、Google アナリティクス が2回する挿入する形になっていたからでした。

他のWordPress プラグインにGoogle アナリティクスまたはGoogle Tag Manager のコードを設定していた場合は同じ現状が起きるそうです。

Site Kit を導入して、直帰率やPV数 等が大きく変化した場合は、Google アナリティクス が2重計測していないか疑ってください。


まとめ

「Google 謹製なので重たいかも…」と覚悟していましたが、全然重たくなくサーバの負荷になっていません。また、動作の不安定や不具合 が他の使用者から報告が上がっていますが、バージョン1.1.3 を使用していますが安定しています。

「Google Tag Manager のコンテナ コード」「Google アナリティクス のトラッキング コード」「Google AdSense の自動広告 コード(AMP化していればAMP コードになる)」が自動で記入されるのが一番メリットだと思います。

Google サービスと連携するには、そのGoogle サービスのアカウントを持っておく必要があります。

Google Ads との連携がありませんが今後のバージョンアップで含まれそうな感じがします。

その他カテゴリの最新記事