BrainDumpsCollection Cover

BrainDumpsCollection のAssociate Cloud Engineer 模擬試験(デモ版)

BrainDumpsCollection では各Google Cloud 認定資格の模擬試験を販売さおり、Associate Cloud Engineer の模擬試験(デモ)があったので日本語翻訳を行ってみました。 デモなので問題数は5問のみです。
BrainDumpsCollection では各Google Cloud 認定資格の模擬試験を販売さおり、Associate Cloud Engineer の模擬試験(デモ)があったので日本語翻訳を行ってみました。 デモなので問題数は5問のみです。

BrainDumpsCollection では各Google Cloud 認定資格の模擬試験を販売されています。
Associate Cloud Engineer の模擬試験(デモ)があったので日本語翻訳を行ってみました。
デモなので問題数は5問のみです。

他のGoogle Cloud 認定資格の模擬問題集も翻訳しているので「カテゴリー:模擬問題集」からご覧いただけます。


Google Associate – Cloud-Engineer Valid BrainDumps

Updated: Aug 22, 2019 (Demo)


Question 01

あなたの会社の従業員は全員Google アカウントを持っています。
運用チームはGoogle Compute Engine 上で多数のインスタンスを管理する必要があります。
このチームの各メンバーは、サーバーへの管理アクセス権のみを必要とします。
セキュリティ チームは資格証明の配布が運用上効率的であり、特定のインスタンスにアクセスしたユーザーを特定できる必要があることを確認します。
どうすれば良いでしょうか?

  • A. 新しいSSHキーペアを生成します。 チームの各メンバーに秘密鍵を渡します。 各インスタンスのメタデータで公開キーを構成します。
  • B. チームの各メンバーに新しいSSHキーペアを生成し、公開キーを送信するよう依頼します。 構成管理ツールを使用して、各インスタンスにこれらのキーを展開します。
  • C. チームの各メンバーに、新しいSSHキーペアを生成し、公開キーをGoogle アカウントに追加するよう依頼します。 このチームに対応するGoogleグループに「compute.osAdminLogin」ロールを付与します。
  • D. 新しいSSHキーペアを生成します。 チームの各メンバーに秘密鍵を渡します。 公開キーをGoogle Cloud Platform プロジェクトのプロジェクト全体の公開SSHキーとして設定し、各インスタンスでプロジェクト全体の公開SSHキーを許可します。

Answer: D


Question 02

単一のサブネットを持つカスタムVPCを作成する必要があります。
サブネットの範囲はできるだけ大きくする必要があります。
どの範囲を使用する必要があるでしょうか?

  • A. 0.0.0.0/0
  • B. 10.0.0.0/8
  • C. 172.16.0.0/12
  • D. 192.168.0.0/16

Answer: B


Question 03

Google Cloud Platform のリレーショナル データ用の費用対効果の高いソリューションを選択して設定します。1つの地理的場所で少数の運用データを操作しています。
ポイントインタイム リカバリをサポートする必要があります。
何をするべきでしょうか?

  • A. Google Cloud SQL(MySQL)を選択します。 バイナリログの有効化オプションが選択されていることを確認します。
  • B. Google Cloud SQL(MySQL)を選択します。 [フェールオーバーレプリカの作成]オプションを選択します。
  • C. Google Cloud Spanner を選択します。 2つのノードでインスタンスをセットアップします。
  • D. Google Cloud Spanner を選択します。 インスタンスをマルチリージョンとして設定します。

Answer: A


Question 04

可能な限り少ない手順を使用して、複数のゾーンで実行されるGoogle Compute Engine インスタンスのグループのネットワーク負荷分散の自動修復を構成します。
各10秒の3回の試行後にVMが応答しない場合は、VMの再作成を構成する必要があります。
何をするべきでしょうか?

  • A. 既存のインスタンスグループを参照するバックエンド構成を持つHTTP ロードバランサを作成します。ヘルスチェックを正常に設定します。(HTTPの場合)。
  • B. 既存のインスタンスグループを参照するバックエンド構成でHTTP ロードバランサーを作成します。 バランシングモードを定義し、最大RPSを10に設定します。
  • C. マネージド インスタンス グループを作成します。自動修復ヘルスチェックを正常に設定する。(HTTPの場合)
  • D. マネージド インスタンス グループを作成します。 自動スケーリング設定がオンになっていることを確認します。

Answer: D


Question 05

gcloudに複数の構成を使用しています。
可能な限り少ない手順を使用して、非アクティブ構成の構成済みKubernetes Engine クラスタを確認します。
何をするべきでしょうか?

  • A. gcloud config configuration describe を使用して、出力を確認します。
  • B. gcloud config configuration activate とgcloud config list を使用して、出力を確認します。
  • C. kubectl config get-contexts を使用して出力を確認します。
  • D. kubectl config use-context および kubectl config ビューを使用して、出力を確認します。

Answer: D


他のGoogle Cloud 認定資格の模擬問題集も翻訳しているので「カテゴリー:模擬問題集」からご覧いただけます。