GratisExam のAssociate Cloud Engineer 模擬問題集(v2019-08-13)

GratisExam のAssociate Cloud Engineer 模擬問題集(v2019-08-13)

GratisExam.com に「Associate Cloud Engineer」が追加されていたので日本語化した模擬問題集を共有したいと思います。
日本語翻訳には「みらい翻訳」「Google 翻訳」を使用し、自然な日本語になるように手修正を加えております。また、Referenceは既存で記載されていたURLに、私が調べて参考になったURLを追記しております。

他のGoogle Cloud 認定資格の模擬問題集も翻訳しているので「カテゴリー:模擬問題集」からご覧いただけます。


Google Certified Associate Cloud Engineer
(English→Japanese)

v2019-08-13.by.Samuel.24q


QUESTION 1

会社は、災害復旧を目的としてGoogle Cloud Storage を使用してアプリケーション バックアップファイルを保存します。
Google ベスト プラクティスを遵守してください。
どのGoogle Cloud Storage クラスを使用する必要がありますか?

  • A. Multi-Regional Storage
  • B. Regional Storage
  • C. Nearline Storage
  • D. Coldline Storage

Correct Answer: D

Reference: Cloud Storage>ドキュメント>ストレージ クラス


QUESTION 2

会社の複数の従業員がGoogle Cloud Platform を使用してプロジェクトを作成し、個人のクレジットカードで支払っています。
会社は、これらすべてのプロジェクトを単一の新しい請求先アカウントで一元管理したいと考えています。
何をするべきでしょか?

  • A. 銀行口座の詳細を[email protected] に連絡し、会社の請求アカウントを要求します。
  • B. Google サポート でチケットを作成し、電話でクレジットカードの詳細を共有するための電話を待ちます。
  • C. Google Cloud Platform Console で、リソース管理に移動し、すべてのプロジェクトをroot 組織に移動します。
  • D. Google Cloud Platform Console で新しい請求アカウントを作成し、支払い方法を設定します。

Correct Answer: D

Reference: 請求先アカウントの作成、変更、閉鎖


QUESTION 3

Google App Engine にアプリケーションを配備しようとしています。
インスタンスの数をリクエストレートに基づいてスケーリングします。常に少なくとも3つの非占有インスタンスが必要です。
どのスケーリングタイプを使用するべきですか?

  • A. 3つのインスタンスを使用した手動スケーリング。
  • B. min_instances を3に設定した基本的なスケーリング。
  • C. max_instances を3に設定した基本的なスケーリング。
  • D. min_idle_instances を3に設定した自動スケーリング。

Correct Answer: D

Reference: GAE インスタンスの管理方法


QUESTION 4

適切なGoogle Cloud IAM (Identity and Access Management) 役割が定義された開発プロジェクトがあります。
実動プロジェクトを作成していて、できるだけ少ない手順で新しいプロジェクトに同じCloud IAM 役割を割り当てたいと考えています。
あなたは何をするべきか?

  • A. gcloud iam roles copy を使用して、コピー先プロジェクトとして本稼働プロジェクトを指定します。
  • B. gcloud iam roles copy を使用して、組織をコピー先組織として指定します。
  • C. Google Cloud Platform Console で、「Create role from role(役割から役割を作成)」機能を使用します。
  • D. Google Cloud Platform Console で、「Create role(役割の作成)」機能を使用して、該当するすべての権限を選択します。

Correct Answer: B

Reference:


QUESTION 5

Google Compute Engine でVMを動的にプロビジョニングする方法が必要です。
正確な仕様は専用の構成ファイルにあります。 Google ベスト プラクティスを遵守してください。
どの方法を使用する必要がありますか?

  • A. Google Cloud Deployment Manager
  • B. Google Cloud Composer
  • C. マネージド インスタンス グループ(MIG)
  • D. 非マネージド インスタンス(UIG)

Correct Answer: C

Reference:


QUESTION 6

Google Cloud Platform で実行する単一のバイナリ アプリケーションがあります。
基盤となるインフラストラクチャのCPU 使用率に基づいて、アプリケーションを自動的にスケーリングすることにしました。 組織のポリシーでは、仮想マシンを直接使用する必要があります。アプリケーションのスケーリングが運用上効率的であり、できるだけ早く完了するようにする必要があります。
何をするべきでしょうか?

  • A. Google Kubernetes Engine クラスタを作成し、水平ポッド自動スケーリングを使ってアプリケーションをスケーリングします。
  • B. インスタンステンプレートを作成し、自動スケールが構成された管理対象インスタンスグループでそのテンプレートを使用します。
  • C. インスタンステンプレートを作成し、時刻に基づいて増減する管理対象インスタンス・グループでそのテンプレートを使用します。
  • D. Stackdriver のCPU使用率監視に基づいてアプリケーションのスケールアップとスケールダウンを自動化するには、サードパーティのツールを使用します。

Correct Answer: A

Reference:


QUESTION 7

3つのプロジェクトからのGoogle Cloud Platform サービスコストを分析しています。
この情報を使用して、標準のクエリ構文を使用して、今後6か月のサービス・タイプ別(日次および月次)のサービスコスト見積りを作成します。
何をするべきでしょうか?

  • A. 請求書をGoogle Cloud Storage バケットにエクスポートしてから、分析のためにGoogle Cloud Bigtable にインポートします。
  • B. 請求書をGoogle Cloud Storage バケットにエクスポートし、分析のためにGoogle スプレッドシートにインポートします。
  • C. トランザクションをローカルファイルにエクスポートし、デスクトップツールで分析を実行します。
  • D. 請求書をGoogle BigQuery データセットにエクスポートし、分析のためにウィンドウベースのSQLクエリを記述します。

Correct Answer: D

Reference:


QUESTION 8

特定のGoogle Cloud Storage Regional バケットに保存された動画を90日後にColdline に移動し、作成から1年後に削除されるようにポリシーを設定する必要があります。
ポリシーをどのように設定するべきでしょうか?

  • A. SetStorageClass およびDelete 操作で年齢条件を使用してGoogle Cloud Storage オブジェクトのライフサイクル管理 を使用します。 SetStorageClass 操作を90日に設定し、削除 操作を275日に設定します(365 – 90)。
  • B. SetStorageClass およびDelete 操作で年齢条件を使用してGoogle Cloud Storage オブジェクトのライフサイクル管理 を使用します。 SetStorageClass 操作を90日に設定し、削除 操作を365日に設定します。
  • C. gsutil rewrite を使用して、Delete 操作を275日(365-90)に設定します。
  • D. gsutil rewrite を使用して、Delete 操作を365日に設定します。

Correct Answer: A

Reference:


QUESTION 9

Google Cloud SQL に接続する必要があるLinux VMがあります。
適切なアクセス権を持つサービス アカウントを作成しました。 VMがデフォルトのGoogle Compute Engine サービス アカウントの代わりにこのサービス アカウントを使用するようにします。
何をするべきでしょうか?

  • A. WebコンソールをからVMを作成する場合、「ID と API へのアクセス(Identity and API Access)」セクションでサービス アカウントを指定します。
  • B. サービス アカウントのJSON プライベートキーをダウンロードします。 プロジェクトメタデータで、キーとなるcompute-engine-serviceaccount の値としてそのJSONを追加します。
  • C. サービス アカウントのJSON プライベートキーをダウンロードします。 VMのカスタムメタデータで、キー compute-engineservice-account の値としてそのJSONを追加します。
  • D. サービス アカウントのJSON プライベートキーをダウンロードします。 VMを作成した後、shでVMにログインし、JSON を 〜/ .gcloud / compute-engine-serviceaccount.json に保存します。

Correct Answer: A

Reference: Compute Engine>ドキュメント>インスタンスのサービス アカウントの作成と有効化


QUESTION 10

Google Compute Engine でSQL Server 2017 のインスタンスを作成して、新しいバージョンの機能をテストしました。 最小限の手順でこのインスタンスに接続します。
何をするべきでしょうか?

  • A. デスクトップにRDP クライアントをインストールします。 ポート 3389のファイアウォールルールが存在することを確認します。
  • B. RDP クライアントをデスクトップにインストールします。 Google Cloud Platform Console でWindows ユーザー名とパスワードを設定します。 資格情報を使用してインスタンスにログインします。
  • C.  Google Cloud Platform Console でWindows パスワードを設定します。 ポート22のファイアウォールルールが存在することを確認します。 Google Cloud Platform Console の[RDP]ボタンをクリックし、ログインするための資格情報を提供します。
  • D.  Google Cloud Platform Console でWindows ユーザー名とパスワードを設定します。 ポート 3389のファイアウォールルールが存在することを確認します。 Google Cloud Platform Console の[RDP]ボタンをクリックし、ログインするための資格情報を提供します。

Correct Answer: B

Reference: Compute Engine>ドキュメント>インスタンスへの接続


QUESTION 11

デフォルトのリージョンとゾーンで実行されているGoogle Cloud Platform アカウントと、デフォルト以外のリージョンとゾーンで実行されている別のGoogle Cloud Platform アカウントがあります。
コマンドラインインターフェースを使用して、これら2つのGoogle Cloud Platform アカウントで新しいGoogle Compute Engine インスタンスを開始します。
何をするべきでしょうか?

  • A. gcloud config configuration create [NAME] を使用して2つの構成を作成します。 Google Compute インスタンスを起動するコマンドを実行するときに、gcloud config configuration activate [NAME] を実行してアカウントを切り替えます。
  • B. gcloud config configuration create [NAME]を使用して2つの構成を作成します。 gcloud configurations list を実行して、Google Compute Engine インスタンスを開始します。
  • C. gcloud configuration activate [NAME] を使用して2つの構成をアクティブにします。 gcloud config list を実行してGoogle Compute Engine インスタンスを起動します。
  • D. gcloud configuration activate [NAME] を使用して2つの構成をアクティブにします。 gcloud configurations list を実行して、Google Compute Engine インスタンスを開始します。

Correct Answer: C

Reference:


QUESTION 12

複合のGoogle Cloud Deployment Manager テンプレートを大幅に変更し、定義されているすべてのリソースの依存関係が正しく満たされていることを確認してから、そのテンプレートをプロジェクトにコミットしようとしています。
変更に関するフィードバックを迅速に得る必要があります。
どうすればいいでしょうか?

  • A. Python で作成されたGoogle Cloud Deployment Manager テンプレート内で詳細なロギング ステートメントを使用します。
  • B. Google Cloud Platform Console のStackdriver Logging ページでGoogle Cloud Deployment Manager 実行のアクティビティを監視します。
  • C. 同じ構成の別のプロジェクトに対してGoogle Cloud Deployment Manager テンプレートを実行し、障害を監視します。
  • D. 同じプロジェクトで–preview オプションを使用してGoogle Cloud Deployment Manager テンプレートを実行し、相互依存するリソースの状態を観察します。

Correct Answer: D

Reference: Cloud Deployment Manager>ドキュメント>デプロイを更新する


QUESTION 13

時系列データを処理するパイプラインを構築しています。
ボックス1、2、3、4に入れるべきGoogle Cloud Platform プロダクトはどれですか?

GratisExam のAssociate Cloud Engineer 模擬問題集
  • A. Google Cloud Pub/Sub、Google Cloud Dataflow、Google Cloud Datastore、Google BigQuery
  • B. Firebase Cloud Messaging (FCM)、Google Cloud Pub/Sub、Google Cloud Spanner、Google BigQuery
  • C. Google Cloud Pub/Sub、Google Cloud Storage、Google BigQuery、Google Cloud Bigtable
  • D. Google Cloud Pub/Sub、Google Cloud Dataflow、Google Cloud Bigtable、Google BigQuery

Correct Answer: D

Reference: Solutions>Correlating Thousands of Financial Time Series Streams in Real Time


QUESTION 14

開発環境を提供するGoogle App Engine アプリケーションのプロジェクトがあります。
必要なテストに成功したので、本番環境として使用する新しいプロジェクトを作成します。
あなたは何をするべきか?

  • A. gcloud を使用して新しいプロジェクトを作成し、アプリケーションを新しいプロジェクトにデプロイします。
  • B. gcloud を使用して新しいプロジェクトを作成し、デプロイされたアプリケーションを新しいプロジェクトにコピーします。
  • C.現在のGoogle App Engine デプロイメントを新しいプロジェクトにコピーするGoogle Cloud Deployment Manager 構成ファイルを作成します。
  • D. gcloud を使用してアプリケーションを再度デプロイし、新しいプロジェクトを作成するために、プロジェクトパラメータに新しいプロジェクト名を指定します。

Correct Answer: C


QUESTION 15

Google App Engine アプリケーションからGoogle Cloud Pub/Sub メッセージを送受信します。
Google Cloud Pub/Sub API は現在無効になっています。 サービス アカウントを使用して、アプリケーションをAPIに対して認証します。アプリケーションでGoogle Cloud Pub / Sub を使用できるようにする必要があります。
あなたは何をするべきか?

  • A. Google Cloud Platform Console のAPI ライブラリでGogle Cloud Pub/Sub API を有効にします。
  • B.サービス アカウントがアクセスする場合、Cloud Cloud Pub/Sub API の自動有効化に依存します。
  • C. Google Cloud Deployment Manager を使用して、アプリケーションをデプロイします。 デプロイされるアプリケーションで使用されるすべてのAPIの自動有効化に依存します。
  • D. Google App Engine Default サービス アカウントにGoogle Cloud Pub/Sub Admin の役割を付与します。 アプリケーションでGoogle Cloud Pub/Sub への最初の接続でAPIを有効にします。

Correct Answer: A

Reference: Cloud Pub/Sub>Google Cloud>アプリケーションの設定


QUESTION 16

Google Cloud Platform のさまざまなプロジェクトに分散しているリソースを監視する必要があります。
同じStackdriver Monitoring ダッシュボードでレポートを統合したい場合、あなたは何をするべきでしょうか?

  • A. 共有VPCを使用してすべてのプロジェクトを接続し、Stackdriver をプロジェクトの1つにリンクします。
  • B. プロジェクトごとに、Stackdriver アカウントを作成します。 各プロジェクトで、そのプロジェクトのサービス アカウントを作成し、他のすべてのプロジェクトでStackdriver Account Editor の役割を付与します。
  • C. 単一のStackdriver アカウントを構成し、すべてのプロジェクトを同じアカウントにリンクします。
  • D. プロジェクトの1つに単一のStackdriver アカウントを構成します。 Stackdriver で、グループを作成し、そのグループの条件として他のプロジェクト名を追加します。

Correct Answer: D

Reference: Stackdriver>ドキュメント>モニタリング>ワークスペースの管理


QUESTION 17

マネージド インスタンス グループ(MIG)のGoogle Compute Engine VMにアプリケーションをデプロイしています。
アプリケーションは常に実行されている必要がありますが、Google Cloud Platform プロジェクトごとに実行されるVMのインスタンスは1つだけです。
インスタンスグループをどのように構成する必要がありますか?

  • A. 自動スケーリングをオンに設定し、インスタンスの最小数を1に設定してから、インスタンスの最大数を1に設定します。
  • B. 自動スケーリングをオフに設定し、インスタンスの最小数を1に設定してから、インスタンスの最大数を1に設定します。
  • C. 自動スケーリングをオンに設定し、インスタンスの最小数を1に設定してから、インスタンスの最大数を2に設定します。
  • D. 自動スケーリングをオフに設定し、インスタンスの最小数を1に設定してから、インスタンスの最大数を2に設定します。

Correct Answer: A

Reference: Compute Engine>ドキュメント>マネージド インスタンス グループの作成


QUESTION 18

my-project という名前のGoogle Cloud Platform プロジェクト内で割り当てられたGoogle  Cloud IAM ユーザーと役割を確認します。
何をするべきでしょうか?

  • A. gcloud iam roles list を実行します。 出力セクションを確認します。
  • B. gcloud iam service-accounts list を実行します。 出力セクションを確認します。
  • C. プロジェクトに移動してから、Google Cloud Platform Console のIAM セクションに移動します。 メンバーと役割を確認します。
  • D. プロジェクトに移動してから、Google Cloud Platform Console の[割り当て] ページに移動します。 役割とステータスを確認します。

Correct Answer: D

Reference: ドキュメント>割り当ての操作


QUESTION 19

新しい請求先アカウントを作成して、既存のGoogle Cloud Platform プロジェクトにリンクする必要があります。
あなたは何をするべきか?

  • A. Google Cloud Platform プロジェクトのProject Billing Manager であることを確認してください。 既存のプロジェクトを更新して、既存の請求先アカウントにリンクします。
  • B. Google Cloud Platform プロジェクトのプロジェクト請求マネージャーであることを確認します。 新しい請求先アカウントを作成し、新しい請求先アカウントを既存のプロジェクトにリンクします。
  • C. 請求先アカウントの課金管理者であることを確認します。 新しいプロジェクトを作成し、新しいプロジェクトを既存の請求先アカウントにリンクします。
  • D. 請求先アカウントの請求管理者であることを確認します。 既存のプロジェクトを更新して、既存の請求先アカウントにリンクします。

Correct Answer: C

Reference: Cloud Billing> ドキュメント>プロジェクトの請求設定の変更


QUESTION 20

負荷分散するインスタンス グループがあります。
ロードバランサがクライアントSSL セッションを終了するようにします。 インスタンスグループは、HTTPS を介してパブリックWebアプリケーションを提供するために使用されます。 Google ベスト プラクティスを遵守してください。
あなたは何をするべきか?

  • A. HTTP(S)ロードバランサーを構成します。
  • B. 内部TCPロードバランサーを構成します。
  • C. 外部SSLプロキシロードバランサーを構成します。
  • D. 外部TCPプロキシロードバランサーを構成します。

Correct Answer: A

Reference:


QUESTION 21

Google Cloud Storage Nearline バケットにアップロードする必要がある単一のファイルに32 GBのデータがあります。
使用しているWAN接続の定格は1 Gbpsであり、接続上の唯一の接続です。 ファイルを迅速に転送するために、可能な限り定格1 Gbpsの一致として使用する必要があります。
ファイルをどのようにアップロードする必要がありますか?

  • A.  gsutil の代わりにGoogle Cloud Platform Console を使用してファイルを転送します。
  • B. ファイル転送でgsutil を使用して並列複合アップロードを有効にします。
  • C. 転送を開始するマシンのTCPウィンドウサイズを小さくします。
  • D. バケットのストレージクラスをNearline からMulti-Regional に変更します。

Correct Answer: B

Reference: ソリューション>ビッグデータ セットを転送するための戦略


QUESTION 22

以下で指定するYAMLファイルを使用して、myapp1 というマイクロサービスをGoogle Kubernetes Engine クラスタにデプロイしました。
データベース パスワードがプレーンテキストで保存されないように、この構成をリファクタリングする必要があります。
Google ベスト プラクティスを遵守してください。
どのすればいいでしょうか?

ACE Question 22
  • A. YAMLファイルではなく、コンテナのDocker イメージ内にデータベースパスワードを保存します。
  • B. シークレットオブジェクト内にデータベースパスワードを保存します。 YAMLファイルを変更して、シークレットからDB_PASSWORD 環境変数を設定します。
  • C. ConfigMap オブジェクト内にデータベースパスワードを保存します。 YAMLファイルを変更して、ConfigMap からDB_PASSWORD 環境変数を設定します。
  • D. データベースパスワードをKubernetes 永続ボリューム内のファイルに保存し、永続ボリュームクレームを使用してボリュームをコンテナにマウントします。

Correct Answer: C

Reference:


QUESTION 23

一連のバッチ処理ジョブの演算リソースを選択して構成する必要があります。これらのジョブは完了までに約2時間かかり、夜間に実行されます。
サービスコストを最小限に抑えたいです。
どうすればいいですか?

  • A. Google Kubernetes Engine を選択します。 小さいインスタンスタイプのシングルノードカルスターを使用します。
  • B. Google Kubernetes Engine を選択します。 マイクロインスタンスタイプの3ノードクラスタを使用します。
  • C. Google Compute Engine を選択します。 適切な標準マシンタイプのプリエンプティブ VMインスタンスを使用します。
  • D. Google Compute Engine を選択します。 マイクロバーストをサポートするVMインスタンスタイプを使用する。

Correct Answer: C

Reference: Compute Engine>ドキュメント>プリエンプティブル VM インスタンス


QUESTION 24

最近、アプリケーションの新しいバージョンをGoogle App Engine にデプロイし、リリースのバグを発見しました。 すぐに以前のバージョンのアプリケーションに戻す必要があります。
あなたは何をするべきか?

  • A. gcloud app restore を実行します。
  • B. GCPコンソールのGoogle App Engine ページで、元に戻す必要のあるアプリケーションを選択し、Revertをクリックします。
  • C. GCPコンソールのGoogle App Engine Versions ページで、トラフィックの100%を前のバージョンにルーティングします。
  • D. 元のバージョンを別のアプリケーションとして配置します。次にGoogle App Engine の設定に行き、アプリケーション間でトラフィックを分割して、元のバージョンがリクエストの100%を処理するようにします。

Correct Answer: D

Reference:


他のGoogle Cloud 認定資格の模擬問題集も翻訳しているので「カテゴリー:模擬問題集」からご覧いただけます。

模擬問題集カテゴリの最新記事